• 雑誌
  • 月刊誌

文藝春秋 2018年11月号

出版社名 文藝春秋
発売日 2018年10月10日
雑誌JAN 4910077011181
雑誌コード 07701-11
税込価格 880円

商品内容

雑誌銘柄情報

わが国総合月刊誌の最高峰。年2回の芥川賞発表誌でもある。

特集情報

移民大国ニッポン|

出版社情報

【特集】
●安倍政権最大の失政を問う
  亡国の「移民政策」
   <激論>すでに世界4位の“隠れ移民大国”
        これが人口減少社会への答えなのか──

  ◇出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
 ◇毛受敏浩(日本国際交流センター執行理事)
 ◇河合雅司(ジャーナリスト・「未来の年表」著者)

  ・新宿区新成人の45%は外国人
  ・ベトナム、ネパールが急増中
  ・留学生=労働力では世界の恥
  ・悪徳日本語学校は野放し
  ・技能実習生は行方不明年間7千人
  ・ドイツ、韓国に学べ

 ◇外国人比率トップ群馬県大泉町の悲鳴 高橋幸春
 ◇「コンビニ外国人」は何しに日本へ 芹澤健介


◆15歳の初土俵から31年目の角界引退
  貴乃花光司の「義」 二宮清純

 ――若貴フィーバー、22回の優勝、理事長選出馬、
   貴ノ岩暴行事件......。
   平成を駆け抜けた大横綱はいったい何と
   闘い続けてきたのか。


【短期集中連載】
◆生命科学最前線
  ヒトは120歳まで生きるか 田原総一朗
   第一回 ゲノム編集 
    山本 卓(広島大学教授)/濡木 理(東京大学教授)


◆本誌だけに語った「全身がん」と「家族の絆」
 <追悼>樹木希林
 ◇「自分を十分使い切って死にたい」 本誌編集部
 ◇訪問診療医が看た355人の在宅死 小堀鴎一郎


◆最大の敵は自分自身の驕り
  橋下 徹
 <特別寄稿>安倍首相への忠言
◆アベノミクス「出口」はひとつしかない 小林慶一郎
◆小泉進次郎「プリンス」はなぜ変節したか 常井健一


◆現地ルポ
  角田光代 シリア難民キャンプをゆく


◆世界最強コーチが明かす史上最高スケーターの秘密
  羽生結弦は私の誇りです ブライアン・オーサー


◆高橋一生×川村元気
 <特別対談>「僕たちの“お金”の話をしよう」
◆R・レッドフォード
 <引退告白>「ハンサム役は居心地が悪いよ」


…ほか