• 雑誌
  • 月刊誌

中央公論 2018年3月号

出版社名 中央公論新社
発売日 2018年2月9日
雑誌JAN 4910061010381
雑誌コード 06101-03
税込価格 930円

商品内容

雑誌銘柄情報

世の通説・俗説にチャレンジする正統派の論壇誌

特集情報

「働き方」がわからない 新書大賞2018|

出版社情報

【特集】
●「働き方」がわからない
   戸惑う現場、誤解される政策

 ◇対談
   実現会議議員に、社会起業の旗手が訊く
    改革の本筋をはき違えるな 
     水町勇一郎×駒崎弘樹
 ◇残業は「集中」「感染」「麻痺」「遺伝」する
   全国6000人「希望の残業学」調査報告 
    中原 淳
 ◇40代管理職覆面座談会
  「残業を減らせ、成果は上げろ」というジレンマ 
    司会・中原 淳
 ◇3つの視点
  ・長時間労働 
    ヤマト改革 労使が語る一年間の通信簿 
     森 健
  ・副業解禁 
    定年後も輝く「もう一人の自分」の見つけ方 
     楠木 新
  ・非正規雇用 
    男性正社員をひっぱたきたい――42歳フリーターの労働論 
     赤木智弘


◆緊迫する東アジア
 ◇田原総一朗が防衛大臣に迫る
  予断許さぬ北朝鮮情勢
  専守防衛であるために安保法制、長距離ミサイルは必要だ 
   小野寺五典 防衛大臣 
   聞き手・田原総一朗
 ◇地球を古典で読み解けば(9)
  限界にきた日本の北朝鮮政策 
   佐藤 優
 ◇鼎談 陸海空の元幹部が読み解く軍事古典
   中国の海洋進出とマハン『海上権力史論』の誤読 
    山口 昇×香田洋二×永岩俊道


【新書大賞2018】
●新書通86人が厳選した 
  年間ベスト20

 ◇大賞受賞者インタビュー
  『バッタを倒しにアフリカへ』 
     前野ウルド浩太郎
 ◇目利き31人が選ぶ
   2017年私のオススメ新書
 ◇私が選んだこの5冊
  ・豊作の一年、珠玉の五冊 
    永江 朗
  ・幸せになるほどの、読みごたえ 
    渡邊十絲子
 ◇編集者座談会 
   出版業界が注目する凄腕の3人
    ベストセラーはこうして誕生した! 


◆追悼・西部 邁
  君の魂の叫びを聞く 
   加藤尚武



…ほか