• 雑誌
  • 月刊誌

中央公論 2018年7月号

出版社名 中央公論新社
発売日 2018年6月8日
雑誌JAN 4910061010787
雑誌コード 06101-07
税込価格 930円

商品内容

雑誌銘柄情報

世の通説・俗説にチャレンジする正統派の論壇誌

特集情報

シャープパワーの脅威|

出版社情報

[特集]
●シャープパワーの脅威
  中ロが仕掛ける新秩序戦争

 ◇鼎談
  習・プーチンが狙う新たな国際秩序とは 
   阿南友亮×佐橋 亮×小泉 悠
 ◇提唱者特別寄稿!
  民主主義国家に挑戦するシャープパワーという毒牙 
    クリストファー・ウォーカー
 ◇偽情報、偽装団体……。日本にも迫る「アクティブ・メジャーズ」
  ロシアが展開する目に見えないハイブリッド戦争 
   保坂三四郎
 ◇中国の世論工作
  ・米連邦議員からの警鐘 
   孔子学院はトロイの木馬だ 
    マイケル・マッコール
  ・中央アジア、アフリカ……中国の新たな文化・宣伝政策
   一帯一路空間の孔子学院 
    川島 真

●地方大学
  生き残りの条件
 ◇2018年問題
  ・対談 
   ロケーションよりコンテンツ 
   「とがった大学」が日本を救う 
     出口治明×増田寛也
  ・データから見た生き残る大学、淘汰される大学 
    小林 浩
 ◇「23区内定員抑制策」では地方を救えない
  ――青学に見る都心&郊外の「2キャンパス」戦略 
    三木義一
 ◇ルポ
  就活支援、アクティブラーニング、読み書き算盤 
  「改革先進校」の光と影 
   小林哲夫
 ◇鼎談
  現役教員が告発 地方国立大学を潰す「偽改革」 
   西原大輔×林田直樹×山口裕之


◆混迷する北朝鮮
 ◇悲願の米朝首脳会談へ、北朝鮮の長い道のり 
   宮本 悟
 ◇国連制裁で動揺する金正恩政権の懐具合 
   石丸次郎

◆どうなる? 北朝鮮、日中関係、そして安倍三選
  二階俊博・自民党幹事長 
  聞き手・田原総一朗


[対談]
◆Amazon、地銀、リニア……
 「番犬」公取委はなぜ吠え方を変えたのか? 
  杉本和行×伊藤元重


[特別対談]
◆溶けゆく日本の未来に、教育再建まったなし! 
  池上 彰×佐藤 優


…ほか