• 雑誌
  • 月刊誌

国際商業 2021年9月号

出版社名 国際商業出版
発売日 2021年8月6日
雑誌JAN 4910039550918
雑誌コード 03955-09
税込価格 980円

商品内容

特集情報

百貨店化粧品販売 復活への道筋(伊勢丹・阪急・高島屋・Jフロント・松屋)|

出版社情報

[特集]
●百貨店化粧品販売 復活への道筋

 ◇高級品販路拡大で熾烈な競争の幕が開ける
 ◇伊勢丹
   ECと店舗のシームレスな顧客体験をリアルの接客に昇華
 ◇阪急百貨店
   学習動画を加えた三位一体の運営で顧客を囲い込む
 ◇高島屋
   後発のデジタルにも地域との共生を盛り込む
 ◇大丸松坂屋
   既存業態の殻を破る「コスメOMOプロジェクト」が動き出す
 ◇松屋
   「美と健康」の館が早くも備える訪日客復活への対応
 ◇三越
   顧客を個客と捉え信頼関係を再構築
 ◇中国市場
   業績回復をけん引する高級ブランドの導入とデジタル改革の強化


[化粧品OEMメーカー特集]
◆受託事業を脱け出す開発競争が激化
 ・内部強化から成長に向けた施策の実行へとシフト


[新社長に聞く]
◆丸山真弘(花王ビューティブランズカウンセリング社長)
  事業、販売、美容の連動で強いブランドづくりに努める
◆大村和重(BCLカンパニー カンパニーエグゼクティブプレジデント)
  社員が自ら考え、実行し、失敗を恐れない企業風土を作る
◆遠藤浩彰(貝印社長)
  現状に安住せず新陳代謝を繰り返す強い組織をつくる


[インタビュー]
◆末延則子(ポーラ・オルビスホールディングス執行役員グループ研究・
  知財薬事センター担当マルチプルインテリジェンス
   リサーチセンター(MIRC)所長ポーラ化成工業 取締役 研究担当)
    独自性を追求したいから不可能に近い目標に挑む
◆菅野沙織(日本輸入化粧品協会 理事長〈レブロン社長〉)
  世界中から輸入化粧品を呼び込み市場活性化をサポートしていく


…ほか