• 雑誌
  • 週刊誌

週刊東洋経済 2018年6月23日号

出版社名 東洋経済新報社
発売日 2018年6月18日
雑誌JAN 4910201340682
雑誌コード 20134-06
税込価格 690円

商品内容

雑誌銘柄情報

見えない「今」を超深掘り。創刊1895年の日本を代表する経済誌。

特集情報

官僚ムラの掟〜忖度エリートのカネと人事|

出版社情報

【特集】
●官僚の掟(おきて) 忖度エリートのカネと出世
 ◇没落する忖度(そんたく)エリートの悲哀
 ◇年収1000万円超えは40代から 官僚は“おいしい”職業なのか
 ◇東大生は霞が関よりコンサル、ベンチャー志向に
 ◇(首相官邸)霞が関を変質させた豪腕秘書官と内閣人事局
   森 功 ノンフィクション作家
 ◇INTERVIEW│江田憲司 衆議院議員、元首相秘書官(橋本内閣)
 ◇(財務省)最強官庁の劣化 財政再建を捨てた罪と罰
 ◇(経産省)露呈した持たざる官庁の限界
 ◇INTERVIEW│官僚の徹底活用術 飯島 勲 元小泉首相秘書官/竹中平蔵 元金融相
 ◇(外務省)英米研修組の優遇に変化
 ◇外務省vs.警察庁 国家安保局長をめぐる暗闘
 ◇(厚労省)霞が関有数のブラック職場
 ◇(総務省)自治、郵政、総務… 実質3人の次官が仕切る
 ◇(国交省)旧運輸と旧建設 揺らぐバランス人事
 ◇有力企業に在籍する元事務次官たち
 ◇(防衛省)優先される身内の論理
 ◇(文科省)加計で揺れる“地味省”
 ◇明らかになった官民ファンド投資の実態
 ◇OBの提言│朝比奈一郎 青山社中筆頭代表/柴山和久 ウェルスナビCEO
 ◇若手官僚座談会 本音で語るカネ、転職、働き方

[集中連載]
◆第2回 JR 歪んだ労使関係
  JR北海道 労使癒着の深い闇
 ・安全無視の企業風土

[深層リポート]
◆社外取締役のお寒い実態 なり手不足と低い出席率

[産業リポート]
◆元気な高齢者向けで独走 ユニ・チャームのおむつ戦略

[ニュース深掘り]
◆北朝鮮は「普通の国」になるか?
◆機関投資家が社長を更迭する日
◆メルカリ上場、10倍成長の野望
◆熱狂なき6度目の成長戦略
◆米国産ガス、市場改革に一石
◆WDと東芝はサムスンに勝てるか

…ほか