• 雑誌
  • 隔週刊誌

財界 2020年10月7日号

出版社名 財界研究所
発売日 2020年9月23日
雑誌JAN 4910207411003
雑誌コード 20741-10
税込価格 640円

商品内容

雑誌銘柄情報

経営エグゼクティブから中堅ビジネスマンまでの必読誌

出版社情報

[TOP REPORT]
●コロナ禍を契機に、人とオフィスの関係はどうなっていくのか──
  仕事に拠点は不可欠 東急会長・野本弘文の
   「デジタル革命の今、生産性の上がるオフィスづくりを」 

◆東急会長 野本 弘文
  〈鉄道、不動産、ホテル、生活サービスの事業構成の中で〉
  「東急グループには生活に関するありとあらゆるサービスがある。
   顧客とのつながりを大事にしていく」 

◆レポート 配送機能・顧客接点という自らの強さを発揮
  東急ベルの“現代版御用聞き”ビジネス  

[特集]
◆コロナで変わる生き方・働き方
 ・コロナ禍での映画館の現状、そして映画のネット配信のあり方は?
   「映画館で公開するのが映画。
   ネット配信は興行が終わった後で」
   東映グループ会長 岡田 裕介

◆日本製鉄社長 橋本 英二〈日本の製鉄業の生き残り策は?〉
  「日本は海外展開を支える『マザーミル』。
   海外を含む連結粗鋼を拡大し、世界一の座を取り戻す」

◆緊急インタビュー
  淡路島に本社機能を移転する理由は何ですか?
  [答える人]パソナグループ代表 南部 靖之 

◆アイリスオーヤマ社長 大山 晃弘〈消費者ニーズにすばやく対応〉
  「リアル店舗とネットで売れるものは違う。
   その差にも着目し、オリジナル商品を開発」

◆興研会長 酒井 眞一郎〈他の追随を許さない精緻なマスクづくり〉
  「高性能のマスクづくりへ、自分たちの仕事の持つ意味を追求していきたい」

◆アイペット損害保険社長 山村 鉄平〈コロナ禍のペットと人間の関係〉
  「ペットと人間がよりよく共生できる環境づくりに向け、事業領域を拡大していく」

◆東京財団政策研究所主席研究員 柯 隆〈膨張する中国にどう向き合うか?〉
  「世界は乱世の時代。政治家、国民それぞれの覚悟が問われている」

…ほか