• 雑誌
  • 月刊誌

短歌 2019年8月号

出版社名 KADOKAWA
発売日 2019年7月25日
雑誌JAN 4910059190897
雑誌コード 05919-08
税込価格 970円

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

雑誌銘柄情報

現代短歌の動向を展望する短歌総合誌

特集情報

戦中のうた/長寿社会の短歌|別添:短歌おくすり手帳

出版社情報

☆別冊付録 
 ・短歌おくすり手帳



【特集】
●戦中のうた 

 ◇1941 − 1945年の結社誌から
   金雀枝、香蘭、国民文学、心の花、真樹、短歌(中部短歌)、
   短歌人、潮音、日本歌人、覇王樹、ひのくに、ポトナム、水甕
 ◇『新風十人』の意義 ……今井恵子
 ◇『昭和萬葉集』巻六より ……生沼義朗


●健康応援短歌 
  長寿社会を楽しむために

 ◇健康のための短歌 
  ・短歌は体にいい「健康保持のツールという側面」
  ・短歌は心にいい「心を取り戻す歌」
 ◇寿命と短歌 
  ・人生一〇〇年時代「笑う大杉」
  ・早逝の歌人が長生きしたら「心優しき男」
 ◇病気と短歌 
  ・自分の病気を詠む「空間を旅する感覚」 
  ・他者の病気(病人)を詠む「歌いたいことを歌ってしまおう」
  ・不治の病と向き合う「歌の力としての病」
 ◇病臥を乗り越えて「短歌は人を支える 如何なる状況でも」 
 ◇栄養と短歌 食事を素材にするコツ「美味って」 
 ◇病気、加齢をプラスにとらえる「歌の友は一生モノ」


【巻頭作品28首】
◆尾崎左永子、高橋睦郎、大下一真、松平盟子

【巻頭作品10首】
◆志野暁子、田村広志、安田純生、真鍋正男、谷岡亜紀

【作品12首】
◆安藤昭司、村山美恵子、岸本節子、小川恵子、甲村秀雄、
 鷲尾三枝子、加藤英彦、小川真理子、内山晶太 

【作品7首】
◆高貝次郎、大井田啓子、小島笑子、西崎みどり、広坂早苗、
 加藤直美、田中拓也、山内頌子、楠 誓英、緒川 凛 


…ほか