• 雑誌
  • 隔週刊誌

財界 2020年2月26日号

出版社名 財界研究所
発売日 2020年2月12日
雑誌JAN 4910207440201
雑誌コード 20744-02
税込価格 640円

商品内容

雑誌銘柄情報

経営エグゼクティブから中堅ビジネスマンまでの必読誌

出版社情報

【TOP REPORT】
◆世界は革命期に突入、デジタル投資と地球環境重視の経営を―
  捨てるものは捨て、選ぶべきは選ぶ!
   三菱ケミカルHD・小林喜光の「茹でガエル日本からの脱出」論
 ・三菱ケミカルホールディングス会長 小林 喜光
   「革命期に入った今、日本企業はデジタルをベースにした
    技術をどれだけ本物にしていけるかを問われている」

【特集】
●人をつなぐ、事業をつなぐ
 ◇冷泉家・第25代当主が語る『和歌の家に徹して』 [第2回]
   冷泉家・第25代当主 冷泉 為人
    『古今和歌集』などの典籍類・文化財を守る『蔵番』
 ◇演劇に縁のなかったYKK・吉田忠裕氏が
   シアター・オリンピックスに関わった理由は?
  ・答える人 YKK取締役(第9回シアター・オリンピックス
    実行委員会会長)吉田 忠裕
 ◇評論家・大宅壮一文庫理事長 大宅 映子〈日本初の雑誌図書館の役割〉
   「受け身でなく自分が考える作業をする。
    大宅壮一の思想を次世代にもつなげていきたい」
 ◇久慈設計社長 久慈 竜也〈盛岡─東京─タイのトライアングル経営〉
   「日本の高品質設計を発信し、日本とタイの懸け橋になりたい!」

◆世界が分断・分裂する中、日本の立ち位置は?
  日本総合研究所会長 寺島 実郎
   〈米中2極という視点だけでは大局観を見失う〉
    「今の日本には、アジアのダイナミズムに正面から
     向き合う大きな構想力が必要」
◆特別背任事件の容疑者が逃亡、レバノンから世界へ情報発信している中
  カルロス・ゴーン被告・逃亡事件をどう考えるか?
   〈日本の司法制度の何が欠陥なのか〉
 ・答える人 弁護士 日比谷パーク法律事務所代表 久保利 英明

…ほか