• 雑誌
  • 月刊誌

新潮 2017年12月号

出版社名 新潮社
発売日 2017年11月7日
雑誌JAN 4910049011270
雑誌コード 04901-12
税込価格 998円

商品内容

雑誌銘柄情報

クォリティの高さをこだわり続ける文芸誌

特集情報

小説〜創作 坂口恭平 森田真生|

出版社情報

◆家の中で迷子(二〇〇枚)/坂口恭平
 ―見慣れた部屋が森に変貌し、水で溢れる。
  迷子の相棒は歌、偶然、そしてネズミ――
  無数の命と物質に祝福された世界探しの大冒険! 

◆神がかり(一一〇枚)/佐藤友哉
 ―世間から身を隠す男を過去が脅かす。
  かつて自らの命と引き替えに差し出したものとは?

◆御嶽の少年/大城立裕
 ―戦前の沖縄――
  祖父母の集落で少年は仲間たちと夏の時間を過ごす。
  甘やかな記憶の物語。
◆『を待ちながら』ノート――無力さ、現前性、ユートピア/保坂和志
 ―生者しかそこにいなかった――
  ある芝居を見て以来私は現前性のことをずっと考えている。 

◆キュー(新連載・第三回)/上田岳弘
 ―募る疑問、予期せぬ展開。
  人類の運命を描く想像力の拡張!
  (新潮×Yahoo! JAPAN共同企画) 


◆わかる」と「操る」/森田真生
 ―「虚数」の発見からリーマンの「多様体」へ。
  身体的な知から自立した数学の新しい光景とは。

◆Let It Bleed――料理人・澤口知之/福田和也
 ―友が死んだ。
  本当の文章と味を分かち合った盟友が。
  文芸評論家と料理人の“血”の交流。

◆模倣ミメーシスの悦び――新しい宮沢賢治(2)/今福龍太
 ―作為や意図の向こうに豊饒な宇宙がたちあがる。
  賢治や井上有一が見た、照応=交感コレスポンデンスの力。

◆編集者 漱石(第七回・一二〇枚)/長谷川郁夫
 ―「それから」「門」「彼岸過迄」数々の名作執筆と並行し
  文豪の“編集機能エディターシップ”は開花した!


◆小林秀雄(第五十回)/大澤信亮 
◆地上に星座をつくる/石川直樹
  第五十八回・島のスナックにて 
◆見えない音、聴こえない絵/大竹伸朗
  第一五八回・微妙と密度 


[連載小説]
◆TIMELESS(二十)(★連載完結)/朝吹真理子
◆格闘(十)/高樹のぶ子
◆野の春(十四)/宮本 輝
◆荒れ野にて(三十)/重松 清


…ほか