• 雑誌
  • 月刊誌

文藝春秋 2020年10月号

出版社名 文藝春秋
発売日 2020年9月10日
雑誌JAN 4910077011006
雑誌コード 07701-10
税込価格 960円

商品内容

雑誌銘柄情報

わが国総合月刊誌の最高峰。年2回の芥川賞発表誌でもある。

特集情報

コロナ禍の生と死|

出版社情報

【緊急特集】
●安倍退陣の衝撃
  ポスト安倍「宰相の資格」を問う

 ◇菅 義偉「我が政権構想」
 ◇岸田文雄「アベノミクスの格差を正す」
 ◇石破茂「総選挙でしっぺ返しを食らう」

 ◇「政治改革」から30年、日本政治が辿り着いた場所
  ・「歴代最長政権」コロナに敗れる 曽我豪
  ・麻生×菅×二階「暗闘の全内幕」 赤坂太郎
 ◇新総理よ、「国と地方自治体」の新しいかたちが必要だ!
   コロナ対策「国家の動かし方」の失敗 橋下徹
 ◇「マスク」「GoTo」「特措法」……
    国に振り回される「知事たちの叫び」 
     黒岩神奈川県知事、大村愛知県知事、
     古田岐阜県知事、平井鳥取県知事ほか


◆中国の領海侵入、韓国の国際法違反にこう対峙する
  茂木敏充<外務大臣>私は日本を守り抜く
◆「新冷戦」 米海洋同盟vs中国 勝者の条件 E・ルトワック
◆追悼 李登輝―日本人より日本人らしく生きた97年 櫻井よしこ


【経営トップ連続インタビュー】
◆「日本経済を止めるな」
 ・伊藤忠会長 コロナ禍こそ人と会ってなんぼ 
   岡藤正広
 ・三菱UFJ社長 デジタル金融に人間の感覚を 
   亀澤宏規


【特別企画】
◆人は「感染防止」と「経済」だけに生きるにあらず
  コロナ時代の生と死

 ◇「見えない不安」に「心の抗体」を 五木寛之
 ◇「死」と「貧しさ」の価値を見つめて 曽野綾子/村上陽一郎
 ◇介護施設を襲った「欧州コロナ大量死」 宮下洋一
 ◇父娘歌人が選ぶ「コロナ禍の歌」 永田和宏/永田 紅
 ◇「司馬遼太郎さんが教えてくれたこと」 坂東玉三郎
 ◇いまは「筋肉痛」すら愛おしい 長谷部誠
 ◇「自然」と「無駄」のなかで生きる 養老孟司/柴咲コウ



◆かつて石原プロに所属した女優の追悼手記
  渡哲也くんと裕次郎さんと私 
    浅丘ルリ子


…ほか