• 雑誌
  • 月刊誌

新潮 2017年7月号

出版社名 新潮社
発売日 2017年6月7日
雑誌JAN 4910049010778
雑誌コード 04901-07
税込価格 980円

商品内容

雑誌銘柄情報

クォリティの高さをこだわり続ける文芸誌

特集情報

三島賞発表|

出版社情報

【第30回 三島由紀夫賞発表】
◆受賞作
  カブールの園(一部掲載)
   宮内悠介
 ◇選評
   辻原 登/高村 薫/川上弘美/町田 康/平野啓一郎
 ◇受賞記念インタビュー
   彼らの言葉に恥じないものを

【新潮新人賞受賞第一作】
◆ナイス・エイジ[二一〇枚]/鴻池留衣
 ―大震災、東京五輪、新元号。
  すべてをネット掲示板で予言する未来人が
  並行宇宙から現代日本に降臨。
  ポスト真実トゥルース時代の新文学爆誕!


◆拈華微笑/大城立裕
 ―父は妊娠中の母を捨て、那覇の遊女と出奔した。
  時を経て、小説家が慈しむ少年期の記憶。

◆ホラー映画教室/柴崎友香
 ―アイオワ大学で「シャイニング」を観る――
  世界や言語と少しずれながら漂う小説家の時。

◆かえる/日和聡子
 ―水たまりの蛙の卵、夕餉の匂い、アニメの再放送――
  逢魔が時の姉弟が出遭う日常と異界。

◆誤字/円城 塔
 ―領土を拡張する帝国に対抗して、文字たちの独立と侵攻が始まる。
  Unicode宇宙大戦争!


【新連載】
◆鶴見俊輔伝[第一回・一三〇枚]/黒川 創
 ―後藤新平子爵の孫として生まれた不良少年は
  いかにして稀代の思想家になったのか。
  九三年間の軌跡と時代の激動を追う決定的評伝!

【対談】
◆ベルリンの奇異茶店から世界へ/多和田葉子+堀江敏幸
 ―歴史の痕跡が残る街角で、言葉を集め、地図を描く。
  都市と小説を往還する作家の対話。


◆三浦朱門の『箱庭』/福田和也
◆フロム・カタストロフ・ティル・ドーン/吉川浩満
 ――島田雅彦『カタストロフ・マニア』論
◆内在する罪/佐藤 優
 ――又吉直樹『劇場』論
◆『騎士団長殺し』における絵画の鎮魂とリアリティ/河合俊雄


【連載小説】
◆格闘(五)/高樹のぶ子
◆エリザベスの友達(八)村田喜代子
◆野の春(十)/宮本 輝
◆ミライミライ(十四)/古川日出男
◆TIMELESS(十五)/朝吹真理子
◆ペインレス(二十三)/天童荒太
◆荒れ野にて(二十六)/重松 清


…ほか