• 雑誌
  • 月刊誌

中央公論 2019年9月号

出版社名 中央公論新社
発売日 2019年8月9日
雑誌JAN 4910061010992
雑誌コード 06101-09
税込価格 930円

商品内容

雑誌銘柄情報

世の通説・俗説にチャレンジする正統派の論壇誌

特集情報

戦争をしないための新・軍事学|

出版社情報

【特集】
●戦争をしないための
  新・軍事学

 ◇鼎談
  「日米安保破棄」・「有志連合」発言で揺れる日本
    徴兵制を議論せずに、これからの平和は語れない
      苅部 直×三浦瑠麗×渡辺 靖
 ◇ロシア、中国、イランが仕掛ける「探り」行為とは?
   新たな地政学的競争を米同盟国は直視せよ
     ヤクブ・グリギエル
 ◇二人の経済評論家の異なる「合理性」
   高橋亀吉と石橋湛山からから戦争回避の方法を探る
     牧野邦昭
 ◇技術革新、リーダーシップ、社会の変化……
   軍事史から見た戦争の決定要因
     石津朋之
 ◇テクノロジー最前線
  ・宇宙
    新たな戦略空間に不可欠な、新たな三つの能力
  ・サイバー
    リアルと融合した「ハイブリッド戦争」への対応を
  ・AI兵器
    自律型兵器開発をリードする米国、逆転狙う中国


【対談】
◆元国連事務次長と国際政治学者が語る
  国際連合と日本国憲法
  ──日本はいかにして国際協調の担い手となるか
      明石 康×細谷雄一


【佐藤優連続対談】
◆トランプ大統領が放つ多国籍有志連合という難問
  ホルムズ海峡が炙り出した日本の危機
    手嶋龍一
◆若者はほんとうに保守化しているのか
  世代対立を超えて──新時代を生き抜くために
    古谷経衡


【日韓クライシス】
◆「慰安婦問題」の轍を踏まない対応を
  「韓国という難問」をいかに解くか
     浅羽祐樹
◆対談
  徴用工の大法院判決
   その裏側にある「被害者中心主義」
     李元徳×薬師寺克行


◆敗者なき亥年の参議院選挙
  自民党に塩を送り続ける「善戦した」野党
   境家史郎


【連載小説】
◆雪澱(ゆきおり)(☆新連載)
  黒川博行
◆卍どもえ(★最終回)
  辻原 登


…ほか