• 雑誌
  • 月2回刊誌

婦人公論 2021年8月10日号

出版社名 中央公論新社
発売日 2021年7月27日
雑誌JAN 4910261020814
雑誌コード 26102-08
税込価格 650円

商品内容

特集情報

特集終活、これだけはやっておきたい|

出版社情報

[特集]
●後悔しない、迷惑かけない
  終活―いまを豊かに生きるために

 ◇アンケート
  読者100人の「やってよかった」「やらなきゃよかった」
 ◇親の姿に、わが身を重ねて
  人生のしまい方をイメージすることから始めよう
   加藤登紀子×渡辺えり
 ◇突然の別れから1年半、夫と娘が振り返る
  すべて自分らしく整えて、木内みどりはカッコよく逝った
   水野誠一×水野頌子
 ◇専門家が教える
  遺す人、遺される人、どちらも納得できる方法とは
 ◇パンツ1枚残さず、告別式の弁当の手配まで
  「延命治療はせん」。母ちゃんは残り時間も存分に楽しんだ
   田村淳
 ◇ルポ 一緒に暮らせる施設から、引き取り手まで
  ペットの行く末を決めなきゃ死ねません!
   篠藤ゆり
 ◇子どもに、同じ苦労はさせられない
  相続税の期限は10ヵ月。父の財産探しに泣く
   森永卓郎
 ◇ルポ 樹木葬、ロッカー型、自動搬送式……
  「私のお墓」を選ぶ時代がやってきた
   井上理津子
 ◇読者体験手記
  さよならまでの見事な日々


[読み物]
◆表紙の私
 再出発の瞬間
  望海風斗
◆本誌独占 夫婦で初登場!
 登坂淳一
  不妊治療を経て娘を授かり、人生が変わった
◆「本屋大賞」作家が語り合う
 辻村深月×町田そのこ
  子どもが学校にいる間に新たな物語を生み出す
◆カラーグラビア&インタビュー
 柳楽優弥
  30代でもう一花咲かせたい
◆ファンと一つになって、僕らは
 ジェシー(SixTONES)
  ワイルドに、ときに自然体で

◆一筋縄でいかないのが人生
 森進一
  歌手生活56年。亡き母の苦労と、息子たちの成長と


[新連載]
◆忘れえぬ女性たち
  五木寛之
   第1回 太地喜和子 ガルシア・ロルカの影


…ほか