• 雑誌
  • 月刊誌

正論 2018年5月号

出版社名 日本工業新聞社
発売日 2018年3月31日
雑誌JAN 4910055990583
雑誌コード 05599-05
税込価格 840円

商品内容

特集情報

韓国人は、なぜ金正恩を信じるのか|

出版社情報

[特集]
●策略の朝鮮半島

 ◇韓国人は、なぜ金正恩を信じるのか
   拓殖大学教授 呉善花×産経新聞元ソウル支局長 加藤達也
 ◇金正恩の「微笑」に、だまされるな! 日本に求められる4つの「べからず」
   防衛大学校教授 神谷万丈
 ◇日本だけが置き去りに? 米朝首脳会談の危険
   評論家 潮匡人
 ◇金正恩が南北朝鮮を統一する日 そのとき日本は…
   元陸将補 矢野義昭
 ◇文在寅の韓国は落ちるところまで落ちる
   龍谷大学教授 李相哲
 ◇対談 正恩、プーチン、習近平…
   独裁者“復活”の時代に―
    外交評論家 岡本行夫 × 国際政治学者 三浦瑠麗


●森友“改竄”の激震

 ◇官僚OB対談
   書き換えは霞が関の常識?
    問題の核心をマスコミは分かっていない
     慶應義塾大学教授 岸博幸 × 社会保障経済研究所代表 石川和男
 ◇財務省解体論
   嘉悦大学教授 高橋洋一
 ◇なぜ官僚は堕落したのか
   評論家 八幡和郎
 ◇ポスト安倍をめぐる暗闘が始まった
   産経新聞政治部記者 水内茂幸
 ◇明日に希望はあるのか
   希望の党 衆議院議員 笠浩史インタビュー


●新たなる皇帝の誕生…

 ◇父の敵を崇拝する男
   習近平は第2の毛沢東になるのか
    静岡大学教授 楊海英
 ◇独裁の陰に粛清あり…習政権で繰り広げられる死闘
   ノンフィクション作家 河添恵子
 ◇中国資本に土地を支配されたミクロネシア
   元笹川平和財団プロジェクトコーディネーター 早川理恵子
 ◇南洋パラオをめぐる米中の攻防
   産経新聞特別記者 佐野慎輔
 ◇中国とバチカンが接近 神父殺害「正定事件」反日デマ
   評論家 三浦小太郎


◆眞子さまを悩ませるマスコミ こんな「開かれた皇室」でいいのか
◆即位まであと1年余 皇太子殿下3つの素顔


◆シリーズ日本虚人列伝「谷村新司」


◆食べていい生物といけない生物 決めるのは誰?
  落語家 林家木久扇
  「ビハインド・ザ・コーヴ」監督 八木景子


…ほか