トップ > 書店ホームページ >
ほんのいえ宮脇書店越谷店のレビュー

書店ホームページを見る

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全487件
 
フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALE
伊坂幸太郎/著
実業之日本社
税込価格  1,540円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
フーガはユーガ
おすすめ度:
伊坂幸太郎の風味がたっぷりとつまった久々の新作長編。不思議な特殊能力を持った双子が主人公。根強いファンからの高い期待感にも、きっちり応えてくれた作品に仕上がっている。
リアリティのあるSF的な雰囲気に包まれつつ、時にユーモアもまじえた切ないミステリー感を味わいながら、読み進んでください。 (2019年09月29日)
線は、僕を描く
砥上裕將/著
講談社
税込価格  1,650円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
線は、僕を描く
おすすめ度:
第59回「メフィスト賞」受賞作。満場一致だったという。両親を事故で亡くして、喪失のドン底に会った大学生が、水墨の巨匠と出会い、描くことで自身の回復を遂げていく。作家本人が水墨画家ということで、描写の説得力は十分すぎる。絵を描くことを文学として表現した素晴らしい作品。水墨画をモチーフにした青春小説。次回作にも期待が高まる。 (2019年08月25日)
9月1日 母からのバトン
樹木希林/著 内田也哉子/著
ポプラ社
税込価格  1,650円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
9月1日 母からのバトン
おすすめ度:
稀代の名優樹木希林が遺した言葉と愛娘のエッセイスト内田也哉子との対話。とりわけ亡くなる二週間前に、病室の窓の外に向かってつぶやいた希林さんの「死なないでね、行きてね」の言葉が也哉子さんの耳に残っている。夏休み明けの頃に命を断つ子どもが増えてることを深く憂い、生きることの尊さを伝えようとした希林さんのメッセージ。遺してくれた多くの想いを受けとめたい。 (2019年08月20日)
M 愛すべき人がいて
小松成美/著
幻冬舎
税込価格  1,540円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
M 愛すべき人がいて
おすすめ度:
主人公は浜崎あゆみ、本名濱崎歩。福岡から上京した少女がトップアーティストになるきっかけは17歳の時の出会い。そこから20年余。想いは変わることなく続いていた。「俺を信じろ」この言葉に支えられて、歌い続け、詞を書き続けた。誰もが知っている出来事が点となり、これを読むと線へとつながっていく。ノンフィクションライターの小松成美が自伝的に綴っている。どこまでが真実でどこからが物語なのか。どちらであれ、この上なくせつなく美しい話である。 (2019年08月13日)
死ぬんじゃねーぞ!! いじめられている君はゼッタイ悪くない
中川翔子/著
文藝春秋
税込価格  1,320円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
死ぬんじゃねーぞ!! いじめられている君はゼッタイ悪くない
おすすめ度:
自身が不登校でつらい時間を経験したしょこたんが、熱くそして静かに語りかける。わかっているような大人の言葉には、明日を生きる糸口には結びつかない。それを経験したからこそ、しょこたんは十代だった自分が、大人になってみつけた言葉と気持ちで語りかけてくれる。彼女自身が描いた漫画が、それを一層に理解させてくれる。いじめは無くならないだろうと決めつけるのでなく、それならまず減らすことからやってみてはどうだろう。そんなふうにいじめ問題を真剣に考えるきっかけにもなる。大切な本に出会った。 (2019年08月11日)
まなの本棚
芦田愛菜/著
小学館
税込価格  1,540円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
まなの本棚
おすすめ度:
芦田愛菜さんの初著書。筋金入りの“本の虫”であることをうかがわせる。子どもの感性と大人の目線の両方をあわせもった愛菜さんならではの読書案内。自身が読んで心に残っている本を、出会いのきっかけとともに丁寧に語っています。憧れと尊敬の気持ちが叶って実現した山中伸弥先生と作家辻村深月さんとの対談は、探究心溢れる問いかけに真摯に応えるやりとりが目に浮かぶようです。この夏、小中学生のお子さんと一緒に親御さんにもぜひ読んで欲しい一冊です。 (2019年08月11日)
やすらぎの刻(とき)〜道〜 第1巻
倉本聰/著
双葉社
税込価格  1,980円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
やすらぎの刻 道 第1巻
おすすめ度:
この本のような超一級作品なればこそ、シナリオを読む面白さに気づく方が多くいるだろう。さすがの倉本聰作品である。読んでいるだけでも、登場人物の表情が浮かび、そのセリフ口ぶりまでをも頭の中で描きながら物語りの進行を楽しませてくれる。読んでから見てよし、見てから読んでよし。いい作品は、リピートに耐えられる深さがあります。初めて倉本聰の世界に出会う方には、これをきっかけに過去の名作にもぜひ触れていただきたいです。 (2019年07月22日)
ノーサイド・ゲーム
池井戸潤/著
ダイヤモンド社
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
ノーサイド・ゲーム
おすすめ度:
今や大ヒットメーカーの池井戸潤が放つ最新作。ドラマ化も手伝って、はやくも話題沸騰である。かつては強豪だった社会人ラグビーチームを生き返らせるストーリー。結果を出せずに会社のお荷物扱いされる実業団チームを、エリート社員から左遷させられたラグビー素人のゼネラルマネージャーに再建ができるのか。池井戸の手にかかれば、読み応え十分の企業小説に仕上がってしまう。ワールドカップをひかえ、盛り上がりに火がついたラグビーを描くあたりはこころにくいところ。ノーサイドの読後では、お腹いっぱいにスッキリとさせてくれる。 (2019年07月21日)
平場の月
朝倉かすみ/著
光文社
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
平場の月
おすすめ度:
もどかしさ、せつなさ、はきだせないおもい、いさぎよさ、不安、そんなないまぜの感情が行き来する。ごくごく普通の50代の男と女が登場する淡々とゆるやかな大人の恋愛小説。山本周五郎賞受賞に裏付けられた思わず読者を感情移入させてしまう筆力をこの作者は持っている。賞とりもふくめて、目が離せない作家である。 (2019年07月20日)
希望の糸
東野圭吾/著
講談社
税込価格  1,870円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
希望の糸
おすすめ度:
早期解決と思われた殺害事件の裏には、まったく予想し得なかった真相が待っていた。すでに10作を数える加賀シリーズのスピンオフ的作品。若い松宮刑事が主人公。もちろん加賀恭一郎がシブく存在感をちらつかせる。時の流れの中で切れかかりつつも絡み合う糸が、少しずつほどけていく実感がたまらない。濃縮された読みごたえありの逸品に、これぞまさに東野作品と賞賛の声もあがるだろう。
近い将来、映像化間違いなしのこの作品。今のうちに読んでしまってください。
(2019年07月14日)
おしりたんてい カレーなるじけん
おしりたんていシリーズ おしりたんていファイル
トロル/さく・え
ポプラ社
税込価格  1,078円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
おしりたんてい カレーなるじけん
おすすめ度:
「おしりたんてい」が熱いぞ!なんとシリーズ累計600万部を突破!!しかも映画化も決定して大好評だ。この“カレーなるじけん”が映画の原作本。NHKでもすっかりおなじみになったおしりたんていの活躍ぶりはお見事。個性ある脇役にも魅力いっぱい。笑ったり、考えたり、お子さんといっしょに楽しんでください。
おっと、忘れていけないのはオマケ。表紙カバーをめくるとびっくり!面白い「まちがいさがし」あるのですよ。丸ごと楽しんでください。お店にシリーズ全作品がそろえてお待ちしています。 (2019年05月19日)
日本文学全集 02
口訳万葉集
池澤夏樹/個人編集
河出書房新社
税込価格  2,860円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
日本文学全集 02 口語万葉集
おすすめ度:
平成から令和の時代になったこの時、私たち日本人にとって一生傍らに置いておきたい書が編纂された。池澤夏樹が「初学者に向けた和歌入門」として編んだ秀逸の一冊である。万葉集と百人一首を素材として、折口信夫、丸谷才一、小池昌代という超一級の学者、歌人、作家達がセレクトをして、かつ現代の我々でも読み解ける訳、解釈を加えてくれている。時代を超えて残る和歌の流れと響きを、その中身を深く知りことで、味わいはいっそうになる。和歌という文化を有する日本人であることに誇りを感じることができる。
(2019年05月11日)
ひと
小野寺史宜/著
祥伝社
税込価格  1,650円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
ひと
おすすめ度:
2019本屋大賞第2位!評判を呼んで重版が次々とかかっている。
育ててもらったお母さんが急死して天涯孤独になってしまった20歳の男。大学中退もやむを得なかった彼だが、しっかりと前を向いて歩いて行く姿は誰かが見ている。どうかすると人が信じられない現代社会で、ほっとする物語がここに描かれた。静かで優しい気持ちになれる読書って、貴重な時間だなとつくづく感じさせてくれる。オール讀物新人賞作家が、ここへきて一気に読者を広げるだろう。
(2019年05月11日)
心底惚れた 樹木希林の異性懇談
樹木希林/著
中央公論新社
税込価格  1,320円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
心底惚れた 樹木希林の異性懇談
おすすめ度:
樹木希林33歳の時の対談記録。渥美清にはじまって、いかりや長介、つかこうへい、草野心平とそうそうたる顔ぶれと堂々と渡り合っている様が目に浮かんでくる。しかも、中身はもっぱら男と女の話。百戦錬磨の男性諸氏がタジタジである。当時、月刊誌「婦人公論」で「異性懇談」と題して連載され、ちょっとした話題になった。この年齢にして、このキャリアにして、対談相手にズバッと深く切り込んでいく鋭さと、奥深さを持っていた。あらためて、多くを遺した素晴らしい魅力ある女性、女優であったことに気づかされる対談集である。 (2019年05月05日)
傲慢と善良
辻村深月/著
朝日新聞出版
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
傲慢と善良
おすすめ度:
お話は突然に姿が消えた婚約者を探し求める話。辻村深月に惹かれるいわゆる作家買いでこの本を手に取る人にとっては、意外性が大きいだろう。辻村深月は恋愛小説という手法を使って、人間を深くえぐりとった。直木賞「鍵のない夢を見る」、そして本屋大賞「かがみの孤城」のインパクトは圧倒的。本作品はそれとは真逆ともいうべき作風に、作家生活15周年の節目を踏んだ著者の大いなる意気込みと新境地へのチャレンジを感じずにはいられない。 (2019年05月05日)
シーソーモンスター
伊坂幸太郎/著
中央公論新社
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
シーソーモンスター
おすすめ度:
何とも奇妙?な文芸企画が始まっている。9人の売れっ子が3つのルール縛りで、古代から未来までの歴史物語を競作するというもの。ルールは1)海族と山族の2つの種族の対立を描く。2)同じ隠れキャラクターを登場させる。3)共通アイテムが複数ある。本作は、第一弾で平成を担当した3月発刊の朝井リョウ「死にがいを求めて生きているの」に次ぐ第2弾。プロジェクト発起人の伊坂幸太郎による中編2編が収録されている。一作目「シーソーモンスター」は1980年の昭和バブル期、もう一作「スピンモンスター」は2050年の近未来が舞台。平凡な家庭の嫁姑争いを題材に、かたや天才科学者が遺した手紙がもとで時空を超えた奮闘劇というもの。複数の作家で物語がつながっていくという壮大なストーリーを追いかけてみてください。 (2019年05月05日)
論戦 2018−2019
愛国者たちへ
櫻井よしこ/著
ダイヤモンド社
税込価格  1,650円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
論戦 2018ー2019 愛国者たちへ
おすすめ度:
新時代“令和”を迎えた日本。我々はこの新時代をどう生きて行くのかを考えるこのタイミングで手に取りたい一冊である。我々は時に日々流れる国内外のニュースに翻弄されてしまう。一方で平和ボケにはなりたくないという気持ちもある。それには世の中に何が起こって、それはどういうことなのかを正しく知る必要がある。マスメディアを鵜呑みにしてはいけない。目を背けてはいけない。いたずらに先送りにするなかれ。櫻井よしこはこの本を通じて、そんな警鐘を鳴らしているように感じる。 (2019年05月04日)
そして、バトンは渡された
瀬尾まいこ/著
文藝春秋
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
そして、バトンは渡された
おすすめ度:

見事に2019年本屋大賞の栄冠に輝いた。年々、注目度が高まるこの賞のスゴイところは、なんと言っても選び方が本売りのプロフェッショナルである書店員たちの投票で決まるというところ。今回も一次投票には、全国493の本屋で働く623人の書店員が投票したという。しかも今回の大賞作品は、2位以下を大きく引き離してのぶっちぎりだったのだから、それだけでも読む気にさせてくれる。
お話は17歳のひとりの女性の物語。生まれてから4回も名字が変わるという数奇な運命をたどりながらも、まったく悲愴感がない。淡々とした日常の中の愛情とは何かをつくづく考えさせられる。著者瀬尾まいこのいっそうに思い入れがこもった作品だと感じる。 (2019年05月01日)
魔眼の匣の殺人
今村昌弘/著
東京創元社
税込価格  1,870円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
魔眼の匣の殺人
おすすめ度:
小説の舞台が山中の一軒家となれば、正統派ミステリのお膳立ては十分。
書いたのは2017年に鮎川哲也賞受賞などで一気に脚光を浴びた新鋭、今村昌弘。
好評だった前作「屍人荘の殺人」に続く第2弾!目一杯のプレッシャーを背負った期待を越える出来栄えと言えそうだ。王道ミステリファンには目が離せない存在。神木隆之介主演での映画化も決定とのことで、話題は一気に盛り上がること間違いなし。シリーズ化して今後が一層に楽しみだ。 (2019年04月13日)
ベルリンは晴れているか
深緑野分/著
筑摩書房
税込価格  2,090円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
ベルリンは晴れているか
おすすめ度:
著者の深緑野分の名は、オモシロイ作品を書くとのもっぱらの評判だ。全国の本売りスペシャリストの書店員からの絶大なる推薦を受けての2019年本屋大賞ノミネート作。舞台は第二次世界大戦直後の敗戦したドイツベルリン。この作品のような精緻な取材によって書かれた書物から歴史を知ることは、今のテーマをひもとくことに通じる。この作品は歴史ミステリーの分野にあるらしいが、エンタテインメント小説として、読書の新しい味わい方を感じさせてくれる。 (2019年04月07日)

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全487件


このページのトップへ