トップ > 書店ホームページ >
うつのみや 受渡専門店のレビュー

当グループ店のレビューを見る

書店ホームページを見る

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全464件
 
叫びと祈り
創元推理文庫 Mし7−1
梓崎優/著
東京創元社
税込価格  792円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
これがデビュー作、期待できます。
おすすめ度:
何とも末恐ろしい新人が登場してきたものだろう。近年なかなか新人作家が育たない中、衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。雑誌社に勤めるこの小説の主人公である「斉木」の周りに起こる不可思議な短編5編で構成されており、短編嫌いな私でも読み終えた後の感激は十分すぎるものでした。「梓崎優」この名前を覚えておいてください、5年後には日本を代表するミステリー作家になることでしょう。 (2014年01月25日)
エースの覚悟
光文社新書 639
前田健太/著
光文社
税込価格  814円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
カープのユニフォーム以外は見たくない。
おすすめ度:
構成の阿部さんの素晴らしさもあり、マエケンの言葉が響く1冊です。田中将大と比較しても決して見劣りすることなく、立派なセリーグを代表できるだけのピッチャーに育ちました。来年もカープでと言いたいのですが、将来のことを考えると希望する大リーグに挑戦することも必要なことではないでしょうか。ただ、先輩の黒田も言っているように最後はカープで現役を終えてほしいものです。
(2014年01月25日)
みんなのうた
角川文庫 し29−8
重松清/〔著〕
角川書店
税込価格  704円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
文庫オリジナル書き下ろし?
おすすめ度:
数々の感動作を送り出している「重松清」さんの新刊本が文庫で登場!
東大進学を3浪の末諦めようと故郷に(田舎)戻ってきた主人公のレイコさんと家族森原家の中で起こる心温まるお話。帯にひかれ読みましたが、角川書店さん少し大げさすぎませんか。 (2014年01月22日)
ふがいない僕は空を見た
新潮文庫 く−44−1
窪美澄/著
新潮社
税込価格  605円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
読んでびっくり
おすすめ度:
官能小説じゃないかと思うほど過激な始まりですが、連作短編の章が進むうちに「性」から「生」へと変化し、完読後はとてもすっきりした気分になる不思議な本でした。著者の「窪美澄」先生はもっと深いところまで読み下げてほしいのでしょうが、私には表面の薄っぺらい箇所しか読み取れませんでした。他の作品を読んで勉強させていただきます。 (2014年01月16日)
刑事の絆
ハルキ文庫 と5−5 警視庁追跡捜査係
堂場瞬一/著
角川春樹事務所
税込価格  803円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
堂場先生スッキリしました!!
おすすめ度:
「大友が撃たれた」アナザーフェイス5では衝撃的な終わり方をしましたが、こんなカラクリになっていたとは驚かされましたがスッキリしました。出版社の垣根を越えて発行された2冊の小説。他の作家先生も羨ましがるのではないでしょうか。昨今活字本がより一層売れなくなる中で今後の出版業界の手本となるような出来事、角川春樹事務所・文藝春秋の編集の方々の今回の行動は書店員としては大歓迎です。アナザーフェイスともども読んでください。 (2013年12月20日)
ダークルーム
角川文庫 こ19−3
近藤史恵/〔著〕
角川書店
税込価格  649円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
短編ミステリー集
おすすめ度:
8編からなる作品、それぞれに繋がりはありませんがどれも作風も違っていて、短編としてはかなり良い出来だと思います。物足りなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、著者の違う作品を読んでください。バスで20分で1編が読める本です。 (2013年12月20日)
刑事の骨
文春文庫 な48−5
永瀬隼介/著
文藝春秋
税込価格  825円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ
かつてこんな刑事小説があったでしょうか。
おすすめ度:
登場人物こそ少ないものの、このような刑事小説を読んだのは人生で初めてです、素直な感想で申し訳ないのですが衝撃を受けました。「不破」の元刑事として、人として、共感できることは無いものの男としての意地やプライドを存分に堪能できる作品ではないでしょうか。本当に絶賛させられた1冊でした、このような作品に出合うことができる幸せを今感じております。 (2013年12月14日)
凍る炎
文春文庫 と24−6 アナザーフェイス 5
堂場瞬一/著
文藝春秋
税込価格  814円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
大友鉄ファンの方、お待たせいたしました。
おすすめ度:
これまでのシリーズの中で1番の出来ではないでしょうか。今回も捜査一課復帰に向けリハビリ応援に駆り出されるのですが、今までにない「大友鉄」がそこにはきっと見られるはず。事件は解決に向かいかけたはずだったのだがとんでもないラストがそこには待っていた。「堂場先生」何をおいても一番に早く次回作をお書きください。このままではすっきりした暮らしがおくれません。 (2013年12月14日)
このミステリーがすごい! 2013年のミステリー&エンターテインメントベスト20 2014年版
『このミステリーがすごい!』編集部/編
宝島社
税込価格  556円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ
今年も残すところもうわずか!
おすすめ度:
今年も「このミス」の時期となりました。どちらかというと今年の作品の出来は平均点を上回る作品は多いものの、絶対的な存在が無かったように思う一年でした。皆様はいかがでしたか?とにかく今年一年のミステリーがこの1冊でわかります。年末に何か読もうと思っているあなた、是非こちらを買って参考になさってください。 (2013年12月14日)
贖罪の奏鳴曲(ソナタ)
講談社文庫 な91−1
中山七里/〔著〕
講談社
税込価格  748円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
こんな作品を待っていました。
おすすめ度:
講談社としては初となる「中山七里」。衝撃のデビュー作よりまだ数年しかたっておりませんが、今回も素晴らしい作品でした。わけありの悪徳弁護士「御子柴」の鋭い観察力には脱帽です。今後彼の過去がどんどん明らかになってゆくことでしょう。シリーズ化が楽しみです。 (2013年12月11日)
疾風ロンド
実業之日本社文庫 ひ1−2
東野圭吾/著
実業之日本社
税込価格  713円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
実日文庫東野作品第2弾!
おすすめ度:
前作の「白銀ジャック」に続き今回もゲレンデで起こる壮大なミステリー作。スキー・スノボをしていない方でも自身がまるでゲレンデを駆け抜けていると錯覚してしまいそうなくらい引き込まれてしまいます。最後の最後まで状況が刻々と変わってゆき先の読めない展開、ミステリーの醍醐味が存分に味わえる1冊です。
(2013年12月11日)
カープ・ストーリー 広島東洋カープ16年目の第一歩
前原淳/著
ベストセラーズ
税込価格  1,415円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ
カープを愛してやまない皆様に送る・・・。
おすすめ度:
カープファンだからカープの良いところばかりを各課と思ったら大間違いだ。それでは目の肥えたファン(カープファンは世界一)は誰も納得しないし、手にとってもくれない。どこぞの新聞社の球団は子会社のTV局も使いぬるい放送ばかり繰り返しているが、そんなこと続けていたらファンが離れて行くばかりですよ。ジャイアンツと比べればまだまだセリーグ優勝を勝ち取るには戦力も整っていないが、実力差は確実に縮まっている。FA集団でチャンスのない球団と違い努力をすればレギュラーをつかむチャンスはいくらでもある。がんばれカープ! (2013年11月16日)
感染遊戯
光文社文庫 ほ4−9
誉田哲也/著
光文社
税込価格  704円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
誉田哲也はやっぱりいいです。
おすすめ度:
文芸で発売されたときのも読みましたが、何度読んでもいいね!って感じです。姫川班解散の後の設定でシンメトリーでも登場する「倉田」の苦悩も読みとれる、また本書はガンテツ中心の設定の為、本当はいい人なのではと勘違いさせられてしまう描き方がされているがファンとすればガンテツにはあくまでも汚い刑事を通してほしいです。 (2013年11月16日)
祈りの幕が下りる時
東野圭吾/著
講談社
税込価格  1,870円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ
加賀シリーズ最新作!これもメディア化か?
おすすめ度:
やっぱり読みごたえはありますが暗くないですか。「家族愛」を前面に押し出した感動の長編です。他の警察小説と違い、スピード感はまったくありませんが、加賀恭一郎の洞察力によりゆったりと時間が流れるような感じで頭の中に「スッー」と入ってきます。 (2013年11月08日)
望郷
湊かなえ/著
文藝春秋
税込価格  1,540円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
短編ですがGOODです。
おすすめ度:
白綱島を舞台に繰り広げられる6作の物語。どれも切ないものばかりですが湊かなえにかかれば魔法がかかったように短編でも読み応えのある素晴らしい作品に出来上がってしまう。飽きることを知らない彼女の作品を読めることの幸せを感じてしまう今日この頃です。 (2013年11月02日)
花の鎖
文春文庫 み44−1
湊かなえ/著
文藝春秋
税込価格  693円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
湊かなえは安心して読める、はずれ無し。
おすすめ度:
梨花・沙月・美雪の3世代の話が交差し、孫の梨花が母親・祖母のまつわる過去を知ってゆくストーリーだがそこには湊かなえが仕掛けてゆく謎が。進むにつれ思い気持ちがだんだんと晴れてゆくのがわかる、著者を聞かずに読んでも湊かなえの作品だと解ってしまう。
(2013年10月26日)
ヒア・カムズ・ザ・サン
新潮文庫 あ−62−3
有川浩/著
新潮社
税込価格  539円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
感動の物語
おすすめ度:
青春ドラマを思い浮かべてしまうような、それでもって安い感じは全くしない読みやすい仕上がりでした。特殊能力を持つ真也、カオルの父をめぐって一悶着も二悶着もありますが最終的には有川さんらしいラストが待っています・・・。 (2013年10月26日)
海賊とよばれた男 下
百田尚樹/著
講談社
税込価格  1,760円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
本書の一番の読みどころ!
おすすめ度:
前編の戦後・回想の創業時を読み終えて、ついにメインである石油の現地買い付けに入ってゆきます。ほぼ実話を基にはしているものの、日本人の心を熱くさせるように描く技法には脱帽です。私の叔父も出光興産で働いており、小さい頃には出光佐三の話を聞かされた覚えがあります。今になってみればこんな凄い方だったのかと思いますが、当時小学生の私には全く興味のない話。叔父さんようやく読み終えました。 (2013年10月19日)
海賊とよばれた男 上
百田尚樹/著
講談社
税込価格  1,760円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
ほっと きっと もっと ○○
おすすめ度:
久しぶりに大作を読みましたが、正直疲れました。内容は素晴らしいですし文句のつけようがありませんが、普段文庫ばかり読んでいる私には重かったです。出光興産の話だということは皆さんもうご存知だと思いますが、百田直樹がどれだけ創業者に惚れ込んでいたかということがおなか一杯になるほど伝わってきます。戦後の日本は彼と彼の家族(社員)によって救われたといっても過言ではありません。 (2013年10月19日)
長谷川等伯 絵物語
西のぼる/画 安部龍太郎/文
日本経済新聞出版社
税込価格  1,100円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ
わかりやすいです。
おすすめ度:
「西のぼる」先生の画をメインとしているため、等伯の生涯が簡潔にわかりやすく描かれております。七尾市出身の「長谷川等伯」石川県からこんなにも素晴らしい偉人がいたことを誇りに思います。もっと詳しく知りたい方は「安部龍太郎」先生の直木賞受賞作品「等伯 上・下巻」をお読みください。もっと等伯が好きになります。 (2013年10月08日)

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全464件


このページのトップへ