トップ > 書店ホームページ >
すいきん堂書店のレビュー

書店ホームページを見る

掲載レビュー全9件
 
世界はうつくしいと 詩集
長田弘/〔著〕
みすず書房
税込価格  1,980円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
桜の季節に・・
おすすめ度:
目に見えるどんな風景も
ここから消えていった人の、目に見えない記憶をつつみもっている。
草花の咲きみだれる道で、また、星ふる夜の空の下で、思わず魅せられて立ちどまるようなとき、この世のあるべき様への信頼を人知れず深くしていることに、いつも明るいおどろきを覚える。
もうここにいなくなったものの存在をすぐ間近に感じるのは、そのようなときだ・・
桜がきれいな季節に是非! (2021年03月28日)
悲しみの秘義
文春文庫 わ24−1
若松英輔/著
文藝春秋
税込価格  803円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
こんな時代だからこそ
おすすめ度:
どんな微細な光をも捉える 眼を養うためのくらやみ

人生には悲しみの扉を通じてしか見ることのできない地平がある。悲痛の経験には終わらず、哀憐の哀しみとなり、悲愛の発見となる愛しみとなり、悲しみのなかに咲く美しい花に出合う美しみとなる。もしあなたが今、このうえなく大切な何かを失って、暗闇のなかにいるとしたら、この本をおすすめしたい。 (2021年02月07日)
はてしない物語
ミヒャエル・エンデ/作 上田真而子/訳 佐藤真理子/訳
岩波書店
税込価格  3,146円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
けれどもこれは別の物語
おすすめ度:
表紙はあかがね色の絹で動かすとほのかに光った。パラパラとページをくってみると、なかは二色刷りになっていた。さし絵はないようだが各章の始めにきれいな大きい飾り文字があった(本文より)二色に分かれた文字は現実とファンタージーを区別していますが次第に曖昧に、そして没入していきます・・・ミヒャエルエンデも日本の装丁はお気に入りだったと言われている超大作ファンタジーを是非この機会に! (2021年04月04日)
ポケット詩集
田中和雄/編
童話屋
税込価格  1,650円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
詩をポケットに入れて
おすすめ度:
自分の存在に疑問をもったら「くまさん」「ぼくがここに」を読みなさい。友達との関係に悩む人は「聴く力」を読むといい。恋しい人ができたら「鳩」をこの人と一緒に生きていこうと決心したら「祝婚歌」を読んで男と女がひとつ屋根の下に暮らすときの礼儀を考えなさい。自分はどう生きたらよいかわからなくなったら「雨ニモマケズ」「表札」「わたしを束ねないで」を読みなさい。考えることをサボってすれっからしになったと気づいたら「奴隷根性の歌」「自分の感受性ぐらい」を読んで自分の頭をガーンと殴りつけてやりましょう (2021年04月04日)
おおきなおおきな木みたいに
ブリッタ・テッケントラップ/作・絵 木坂涼/訳
ひさかたチャイルド
税込価格  1,650円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
大好きなブリッタ・テッケントラップの1冊
おすすめ度:
何気ない日常、すべての物事を善くも悪くもする「言葉」という魔法。ただ少しだけ使い方がわかると、それだけでこれまでより世界はずっとずっと良くなるよって教えてくれる1冊 (2021年04月04日)
星を継ぐもの 01
BIG COMICS SPECIAL
星野之宣/著 J・P・ホーガン/原作
小学館
税込価格  1,362円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
さぁSFの世界へ飛びこもう1
おすすめ度:
夢・希望・浪漫。

現代が忘れているものかもしれない

語られない歴史・語ることのできない歴史・・

そこから見えてくる新しい世界とは・・・ (2011年09月25日)
僕たちの旅の話をしよう
MF文庫ダ・ヴィンチ し−3−1
小路幸也/著
KADOKAWA(メディアファクトリー)
税込価格  607円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

おすすめ度:
この『出逢い』素敵すぎ☆

人との出会いがこれほどまで人を成長させるんですね!

『大人なこども』と『子供な大人』

っというわけで

子どもの頃に少し戻ってみませんか? (2011年07月25日)
鬼麿斬人剣
新潮文庫 り−2−2
隆慶一郎/著
新潮社
税込価格  693円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
〜おにまろざんじんけん〜今も松本にのこる清麿の刀から・・・
おすすめ度:
隆慶一郎氏が残した作品なかで、もっとも臨場感と想像力を刺激する作品でした

本を読んで、刀を見て、当時に思いを馳せてみては・・・ (2011年07月25日)
虹色ほたる 永遠の夏休み 上
アルファポリス文庫
川口雅幸/〔著〕
アルファポリス
税込価格  627円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
誰にでもあった・・・あの夏休みが今ここによみがえる
おすすめ度:
『誰にでもきっとある、ひと夏の忘れられない思い出・・・

  夢のようなあの夏の不思議な体験・・・

    そんな懐かしい記憶がよみがえりました』


活字も大きく大変読みやすいので読み出したらとまりません
中高生はもちろん!普段本を読まない大人の方にも
ぜひ読んでもらいたい1冊です (2010年08月03日)

掲載レビュー全9件


このページのトップへ