トップ > 書店ホームページ >
森書店のレビュー

書店ホームページを見る

1 2

掲載レビュー全33件
 
バッタを倒しにアフリカへ
光文社新書 883
前野ウルド浩太郎/著
光文社
税込価格  994円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、前代未聞、抱腹絶倒の科学冒険就職ノンフィクション。過酷な事柄もおかしみのある文章で表現してあり、読み易いのです。 (2018年07月04日)
ズボラでも血圧がみるみる下がる49の方法
予約の取れないドクターシリーズ
渡辺尚彦/著
アスコム
税込価格  1,080円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
「ジョブチューン」、「あさイチ」で紹介され大反響!!ミスター血圧の異名を持つ高血圧治療の名医による血圧本の決定版!!読んですぐ効くお手軽テクニック。ガマンなし、挫折なし!例えば、醤油は「かける」ものではなく「つける」ものだそうです。 (2018年07月04日)
大家さんと僕
矢部太郎/著
新潮社
税込価格  1,080円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎と、矢部太郎が間借りしている家の大家さんのおはなしです。エッセイマンガです。読んでいると、ほのぼのしたり、くすっと笑ったり、にやっと口角が上がったりします。 (2018年07月04日)
ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本
對馬陽一郎/著 安尾真美/著 林寧哲/監修
翔泳社
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
「仕事のやりとり」がスムーズになるように、発達障害の特徴に苦しむ社会人が困りがちな事柄と、その対処法が具体的に解説されています。解決方法に多くのページが割かれています。 (2018年07月04日)
ゴールデンカムイ 1
ヤングジャンプコミックス
野田サトル/著
集英社
税込価格  555円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
日露戦争の英雄「不死身の杉元」、「新しいアイヌの女」少女アシリパ、「脱獄王」白石…アイヌの金塊を巡って北海道を東へ西へ、ギャグありドンパチありの大活劇コミックです。アイヌの生活様式、食生活もわかります。アシリパの「良い顔」は見どころの一つだと思います。
(2018年07月04日)
終わった人
講談社文庫 う26−19
内館牧子/〔著〕
講談社
税込価格  972円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
定年を迎えた主人公。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して惑いあがき続ける男に再生の時は訪れるのか?普遍的テーマを、シリアスに、ユーモラスに、リアルに描き、日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!作者に「自分がモデルではないか?」と言う人もよくいるとのこと。 (2018年06月04日)
羊と鋼の森
文春文庫 み43−2
宮下奈都/著
文藝春秋
税込価格  702円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
2016年本屋大賞受賞作!高校生の時、調律に魅せられた主人公は、念願の調律師として働き始める。個性豊かな人々に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく…。2018年6月、待望の映画化! (2018年06月04日)
この世界の片隅に ノベライズ
双葉文庫 こ−18−06
こうの史代/原作 蒔田陽平/ノベライズ
双葉社
税込価格  610円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
すずは広島の江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、18歳で呉に嫁いだすずは、戦争が進む中、前を向いて生きていく。そして昭和20年の夏がやってきた―。数々の漫画賞を受賞した原作コミック、待望の劇場アニメ化。戦時下の広島・呉を生きるすずの日常と軌跡を描く物語、ノベライズ版。 (2018年06月04日)
コタおいで 1
ACTION COMICS
村上たかし/著
双葉社
税込価格  648円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
名作「星守る犬」の作者が実際に犬を飼ってみた!作者に排便時の肛門を観察されたり、本気で子どもを叱るお母さんに腰を抜かすほどおびえたり、雨上がりの夜ホタルいっぱいの川までお散歩したり…黒柴コタは今日も元気です。コタが村上家にやってくるまでの風船犬コロと息子さんの話も趣深いのです。 (2018年05月25日)
カープ計算℃℃℃ドリル
カープ愛と計算力が劇的にアップする!!
ザメディアジョン
税込価格  1,080円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
カープの選手の背番号を代入して計算するドリルです。問題の空欄に選手の背番号を当てはめて計算します。顔写真入りの選手名鑑がついているので、選手の背番号を覚えていなくても大丈夫!”カープ愛と計算力が劇的にアップする”計算ドリルです。すみっこの℃℃℃クイズ(選手名当てクイズ)も楽しい! (2018年05月25日)
侠(おとこ)飯 1
ヤンマガKC 2910
福澤徹三/原作 薩美佑/漫画
講談社
税込価格  626円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
突然ヤクザの組長が転がり込んできた!!世にも恐ろしい同居人のこだわりは、料理。それも簡単でうまい料理だった─!小説でドラマで大ヒット!任侠グルメの決定版!!2人分のレトルトカレーを3人前のカレーにしたりしています。 (2018年05月25日)
決してマネしないでください。 1
モーニングKC 2415
蛇蔵/著
講談社
税込価格  605円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
女性に方程式で話しかけて「は?」と返されて落ち込む理系男子と、食堂のおばさん(おねえさん)と、先輩たちと、教授たちと、黒猫シュレディンガーと、小鹿のゾンビちゃんと、科学の偉人のコラムと、生活にも役立つ科学小ネタと、理系あるあると…などの、大人の学習マンガです。 (2018年05月25日)
ヒマワリ 1
SHONEN CHAMPION COMICS
平川哲弘/著
秋田書店
税込価格  463円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
広島の小さな田舎町で、小さなころからずっと一緒だった蓮と清春…伝統芸能・神楽では神(シン)を務め、ケンカも無敵!!そんな二人に一大事が…!?突然姿を消した清春。再び蓮の前に衝撃的な姿で現れて…!?それそれの夢が花開く!! (2018年05月25日)
終電ちゃん 1
モーニングKC 2580
藤本正二/著
講談社
税込価格  616円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
終電ちゃんは、最終電車の先頭に乗ってやってくる。終電ちゃんは、乗客を送り届けることに全力を尽くす。中央線の終電ちゃんは厳しくも温かく、東海道新幹線の終電ちゃんはおしとやかなお嬢さま風。第3巻登場、広島電鉄宮島線の終電ちゃんはとっても俊足、せわしなく飛び回り、最終電車の到来をお知らせしてくれるのです! (2018年05月23日)
はたらく細胞 01
シリウスKC 560
清水茜/著
講談社
税込価格  648円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
その数一人当たり、およそ37兆個!(*新説)細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある!!細胞擬人化漫画!「ここは人間の体の中─私たち細胞は、今日も元気に働いています。」 (2018年05月23日)
孤狼の血
角川文庫 ゆ14−1
柚月裕子/〔著〕
KADOKAWA
税込価格  821円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
昭和63年、広島。所轄署新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて暴力団同士の抗争が勃発。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。2018年春、映画化! (2018年05月23日)
盤上の向日葵
柚月裕子/著
中央公論新社
税込価格  1,944円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

おすすめ度:
異端の天才棋士。本当にお前が殺人犯なのか?─埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。二人の刑事は遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに捜査をを開始。厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦の会場。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは―!? (2018年05月23日)
かがみの孤城
辻村深月/著
ポプラ社
税込価格  1,944円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す― 2018年本屋大賞受賞!「かつて子どもだったすべてのひとへ─」 (2018年04月27日)
図解物理の話 眠れなくなるほど面白い
長澤光晴/著
日本文芸社
税込価格  734円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
身の回りにある物や現象のしくみが面白いほどよくわかる。身近な生活の「?」はすべて物理で解明! (2018年02月07日)
銀河鉄道の父
門井慶喜/著
講談社
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

おすすめ度:
第158回直木賞受賞!父でありすぎる父親が宮沢賢治に注いだ無上の愛。感動の「親子」小説!自分の父から「質屋に学問は必要ねぇ」と言われ、進学を断念した父・政次郎。だが、次に家業を継ぐべき息子・賢治は学業優秀で、上の学校へ行きたいと言う…。苦悩する父と夢を追い続けた息子の、対立と慈愛の月日。 (2018年02月07日)

1 2

掲載レビュー全33件


このページのトップへ