万葉の挽歌 その生と死のドラマ
はなわ新書 081 美夫君志リブレ
菊池威雄/著
塙書房
1,404円
お取り寄せ
通常3日〜3週間で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2007年10月
ISBNコード:
978-4-8273-4081-5 (4-8273-4081-1)
頁数・縦:
217,2P 18cm
商品の内容

[要旨]

美しく彩られた古代の死―殯宮挽歌・亡妻挽歌などの代表的な作品をとりあげ、万葉挽歌の全体像を描く。

[目次]

序章 挽歌の領域;第1章 自傷歌の流れ;第2章 後宮挽歌;第3章 殯宮挽歌;第4章 亡妻挽歌;第5章 異常死を歌う(一)行路死人を悼む;第6章 異常死を歌う(二)ヲトメ・ヲトコの死;第7章 伝説を歌う挽歌;終章 主題化される挽歌―挽歌の転用

[目録情報]

殯宮挽歌・亡妻挽歌などの代表的な作品をとりあげ、万葉挽歌の全体像を描き出す。(国語・国文学図書総目録より)

著者紹介

菊池 威雄 (キクチ ヨシオ)  

1937年長崎県に生まれる。1962年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。博士(文学)。岡崎女子短期大学教授・神奈川県立衛生短期大学教授を歴任。陶芸工房「飛天窯」主宰。短歌同人誌「伶」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 新章神様のカルテ

  • 眩(くらら)

  • 枝野幸男、魂の3時間大演説 安倍政権が不信任に足る7つの理由

  • ツバキ文具店の鎌倉案内

  • マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本 平成28年12月改訂

  • 一日一生

商品の返品について