ドラマと方言の新しい関係 『カーネーション』から『八重の桜』、そして『あまちゃん』へ
金水敏/編 田中ゆかり/編 岡室美奈子/編
笠間書院
864円
お取り寄せ
通常3日〜3週間で出荷

 

 

消費税率変更について

「税込価格」の表示変更について

日時 2019年9月27日(金)午前9:59まで
表示価格 旧税率8%の税込価格
日時 2019年9月27日(金)午前10:00〜
表示価格 新税率10%の税込価格

サイト上の表記に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。
詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください

商品情報
出版年月:
2014年8月
ISBNコード:
978-4-305-70726-0 (4-305-70726-8)
頁数・縦:
103P 21cm
商品の内容

[要旨]

ドラマの方言が変わった?方言がドラマを変えた??最新形「方言コスプレドラマ」ができるまで!“方言裏話”満載!「研究者×制作現場」の徹底討論シンポジウムを書籍化。

[目次]

1 ドラマ方言の新時代(フィクションの言語と方言;『あまちゃん』が開いた新しい扉―「方言コスプレドラマ」ができるまで;方言とアイデンティティー―ドラマ批評の立場から);2 公開インタビュー・方言と格闘するドラマ制作現場(『八重の桜』―手探りで進めた方言;『あまちゃん』―キャラクターによってレベルを変えた訛り;『カーネーション』―岸和田の人に嫌われないように;時代劇のなかの方言の難しさ―ヴァーチャル×2;長期放送のなかで成長する言葉;「じぇじぇじぇ」は本当にある言葉?;方言が混ざる現場;アキの「ズコリュー(自己流)東北弁」;脚本を第一に尊重;フロアとのやりとり)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 春の嵐 ゲルトルート

  • パレスチナ

  • 矢川澄子作品集成 新装版

  • 小野十三郎詩集

商品の返品について