孤篷のひと
角川文庫 時−は42−9
葉室麟/〔著〕
KADOKAWA
792円
通常1〜2日で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2019年8月
ISBNコード:
978-4-04-108043-6 (4-04-108043-6)
頁数・縦:
379P 15cm
商品の内容

[要旨]

戦国乱世を生き抜き、徳川の天下となったのちも、大名として、茶人として名を馳せた小堀遠州。おのれの茶を貫くために天下人に抗った千利休、古田織部とは異なり、泰平の茶を目指した遠州が辿り着いた“ひとの生きる道”とは。「白炭」「投頭巾」「泪」…茶道具にまつわる物語とともに明かされるのは、石田三成、伊達政宗、藤堂高虎など、戦国に生きた者たちによる権謀術数や、密やかな恋―。あたたかな感動が胸を打つ歴史小説。

おすすめコメント

茶で天下泰平を目指した稀代の大茶人・小堀遠州の生涯!千利休、古田織部、徳川家康、伊達政宗――。当代一の傑物たちと渡り合った茶人・小堀遠州の静かなる情熱、そして到達した”ひとの生きる道”とは。さわやかであたたかな遠州の心が胸を打つ、歴史時代小説。

著者紹介

葉室 麟 (ハムロ リン)  

1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年、「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞を受賞しデビュー。07年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞を受賞し絶賛を浴びる。09年『いのちなりけり』と『秋月記』で、10年『花や散るらん』で、11年『恋しぐれ』で、それぞれ直木賞候補となり、12年『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。16年『鬼神の如く黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • あおなり道場始末

  • 潮騒はるか

  • 墨龍賦

  • 津軽双花

  • 嵯峨野花譜

  • 雨と詩人と落花と

  • あきない世傳金と銀 7

  • 螢草

  • 酒合戦

  • あきない世傳金と銀 8

  • おこん春暦

  • まよい道 文庫書下ろし/長編時代小説 新・吉原裏同心抄 1

  • 鑓騒ぎ

  • 初午祝言

  • 日本橋本石町やさぐれ長屋

商品の返品について