秋萩の散る
徳間文庫 さ31−13 徳間時代小説文庫
澤田瞳子/著
徳間書店
715円
通常1〜2日で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2019年10月
ISBNコード:
978-4-19-894508-4 (4-19-894508-X)
頁数・縦:
268P 15cm
商品の内容

[要旨]

阿倍女帝こと孝謙天皇に寵愛され、太政大臣禅師や法王などの高職に就いていた頃の面影は、もはやない。女帝の死後すぐに下野国薬師寺別当に任ぜられた道鏡は、空ばかり見て過ごしていた。そこに行信と名乗る老僧が近づき「憎い相手はおらぬか―」と囁く。そう問いかけられたとき、道鏡の心に浮かんだ顔は…。奈良時代、治世の安寧を願った人々の生き様を描いた珠玉の短篇集。

おすすめコメント

左遷され、失意の道鏡に囁かれる邪な誘いとは――。『若冲』『落花』の著者が贈る至極の作品集。

著者紹介

澤田 瞳子 (サワダ トウコ)  

1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院博士前期課程修了。専門は奈良仏教史。2011年、デビュー作『孤鷹の天』で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。13年『満つる月の如し 仏師・定朝』で、本屋が選ぶ時代小説大賞2012ならびに第32回新田次郎文学賞を受賞。16年『若冲』で第9回親鸞賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 最悪の将軍

  • 森家の討ち入り

  • 岐山の蝶

  • 孤篷のひと

  • 雨と詩人と落花と

  • 津軽双花

  • 福袋

  • あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

  • まんぷく 〈料理〉時代小説傑作選

  • 風を繍う 針と剣縫箔屋事件帖

  • 半七捕物帳 江戸探偵怪異譚

  • 大江戸科学捜査八丁堀のおゆう 〔6〕

  • 決算!忠臣蔵

  • もののけ 〈怪異〉時代小説傑作選

  • ねこだまり 〈猫〉時代小説傑作選

商品の返品について