かきバターを神田で
文春文庫 ひ20−10
平松洋子/著 下田昌克/画
文藝春秋
715円
通常1〜2日で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2019年11月
ISBNコード:
978-4-16-791390-8 (4-16-791390-9)
頁数・縦:
287P 16cm
商品の内容

[要旨]

熱いバター醤油にまみれた立派なかき、清らかなせん切りキャベツ、黄色い辛子。あの光景を思い浮かべただけで―冬の名物・かきバター定食をはじめ、肉豆腐の煮汁に浸ったゆで卵、ベルリンの路上でかぶりつくカリーヴルスト、ちぎりトマトにサザエカレー。世の中の美味しいモノに心が弾む!大人気エッセイ。

[目次]

1 冬の煮卵(横串の女;おでん、どんどん ほか);2 肉そばを山形で(ジェノヴァでパスタ;ラマダン中 ほか);3 最近のカレー(こんにゃく問答;ぬか漬け暮らし ほか);4 田部井さんの干し柿(茂吉の鰻;神のみぞ知る ほか)

出版社・メーカーからのコメント

熱いバター醤油にまみれた立派なかき、清らかなせん切りキャベツ、黄色い芥子。あの光景を思い浮かべただけで―ー平松さんが悶絶する、冬の名物・かきバター定食。寒い夜、家に戻る途中「肉豆腐が待っている」と思うだけでものすごく安心する――昨日より豆腐に味が染みて、ねぎもとろとろに甘く…「煮汁につけておいたゆで卵」!冬の煮卵、かきバター焼定食、山形の肉そば、ひな鶏の素揚げ、デミグラスソースがたっぷりかかったトンカツ、あるいは、ちぎりトマトにサザエカレーに水茄子…世の中の美味しいもの、美味しい味を生むお人柄、美味しい料理の背景。週刊文春人気エッセイをオリジナル文庫化した一冊。

著者紹介

平松 洋子 (ヒラマツ ヨウコ)  

エッセイスト。岡山県倉敷市生まれ。東京女子大学文理学部社会学科卒業。食文化と暮らしをテーマに執筆活動を行う。『買えない味』で第16回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞、『野蛮な読書』で第28回講談社エッセイ賞受賞

下田 昌克 (シモダ マサカツ)  

イラストレーター。1967年、兵庫県生まれ。1994年から2年間、中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパを旅し、現地で出会った人々のポートレイトを描き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • すき焼きを浅草で

  • 銀の匙 VOLUME15

  • ヒマつぶしの作法

  • ひとりメシ超入門

  • ワカコ酒 13

  • 定年からの男メシの作法

  • 流人道中記 下

  • 流人道中記 上

  • 鑓騒ぎ

  • 酒合戦

  • 旅仕舞

  • 本の花 料理も、小説も、写真も

  • ガン入院オロオロ日記

  • 世界のへんな肉

  • 焼き鳥の丸かじり

商品の返品について