幻冬舎文庫 は−36−1
林民夫/〔著〕
幻冬舎
638円
お取り寄せ
通常3日〜3週間で出荷

 

 

商品情報
出版年月:
2019年12月
ISBNコード:
978-4-344-42936-9 (4-344-42936-2)
頁数・縦:
300P 16cm
商品の内容

[要旨]

北海道で生まれ育った高橋漣は、花火大会で出会った園田葵に一目惚れ。彼女が義父から虐待されていることを知るが、まだ中学生の漣には何もできなかった。それから八年。漣は地元のチーズ工房で働き、葵は東京にいた。遠い空の下、互いを思いながらも、すれ違いと別れを繰り返す二人。それぞれの人生を歩んできた男女が、再び巡り逢うまでの物語。

出版社・メーカーからのコメント

北海道で生まれ育った高橋レンは、花火大会で出会った園田葵に一目惚れ。彼女が義父から虐待されていることを知るが、まだ中学生のレンには何もできなかった。それから八年。レンは地元のチーズ工房で働き、葵は東京にいた。 遠い空の下、互いを思いながらも、すれ違いと別れを繰り返す二人。それぞれの人生を歩んできた男女が、再び巡り逢うまでの物語。

著者紹介

林 民夫 (ハヤシ タミオ)  

1966年生まれ。脚本家。映画「永遠の0」で第38回日本アカデミー賞優秀脚本賞、「空飛ぶタイヤ」で第42回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。脚本作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 1日10分のごほうび

  • 泣くな研修医

  • 逃げるな新人外科医 泣くな研修医 2

  • 鬼滅の刃 22

  • 流浪の月

  • 記憶喪失になったぼくが見た世界

  • 浅田家!

  • 望み

  • そして、バトンは渡された

  • 桜のような僕の恋人

  • わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

  • 星の子

  • 大河の一滴

  • 日本製

  • 「繊細さん」の本 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる

商品の返品について