• 本

のぼうの城

出版社名 小学館
出版年月 2007年12月
ISBNコード 978-4-09-386196-0
4-09-386196-X
税込価格 1,620円
頁数・縦 333P 20cm
無題ドキュメント
試し読み

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • 映画化が楽しみ

    エンタテイメント歴史小説の傑作。とにかく面白い。のぼう様の決断のシーンでは、思わず胸が高鳴る。

    (2009年6月26日)

  • でくのぼうでいいじゃないか!!

    いざというときに頼れるヤツ。それが『のぼう』だ。こんな人が近くにいたらイヤだけど、きっとやっぱり協力しちゃう。そんなほっておけないヤツなのだ。こういうの人徳っていうんだろうか??戦国ものでとっつき難いと思われがちですが、読み始めたらジェットコースターに乗っているかのよう。さあ、一緒に『のぼう』と闘おう!!!

    (2009年3月22日)

  • のぼう様・・・、こんな頼りない城代がいたら。

    のぼう様・・・、こんな頼りない城代がいたら。 とは言っても武将や領民に愛されてやまないそんなのぼう様が 石田光成の水攻めにやられて落城しそうになった際に単身小舟の上 で踊った田楽踊りの滑稽さと畏怖すべき凄みときたら。 なぜか松本城のお堀にのぼう様の田楽踊りがフィードバックされて 夢にまで出てきました。 のぼう様とその取り巻きの武将達死なないで、城を守ってくれー と思ったり、一方で攻めてである石田光成とその仲間達の終盤 に武士魂を感じたり。素人にも時代小説ってこんなに面白いんだと 感じさせてくれる一冊でした。

    (2008年5月29日)

  • のぼう様の魅力に嵌まる!

    武州の忍城・総大将の息子である成田長親がこの物語の中心人物である。 長親は領民から“のぼう様”と呼ばれていた。のぼう様とは、でく“のぼう”に一応“様”を付けて呼んでいるだけである。 のぼう様はとにかく農民を手伝おうとしては結果的に邪魔をして作業を台無しにしてしまう厄介者。しかも好意でやってくれているものだから農民は何も言えない。 そんなのぼう様の居る忍城に秀吉の軍勢が戦を申し入れてきた! 忍城の家中で武辺の最も優れた家老の丹波、小さい体だが己を戦の天才だと謳うプライドの高い靭負、丹波ではなく己が家中の中で最も武辺に優れている家老だと思っている和泉、領主を“のぼう様”と堂々と呼ぶ村人を合わせた総勢二千の軍勢が秀吉の送り込んだ石田三成の二万の軍勢に立ち向かう。 のぼう様は一体どのようにして角の多い連中を纏め上げ二万の軍勢に立ち向かうのか…。 序章を読んでいる段階では他の歴史小説と変わらず堅苦しい印象を受けるかもしれないが、いやいや…気が付けば最後のページまで一気に読んでしまう程の読みやすさ。 読み終えてしまえば、のぼう様に心を酔わせた大馬鹿者になっている自分がいた。(真)

    (2008年5月22日)

他の書店レビューを見る

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

出版社
商品紹介

城戸賞受賞、注目の大型新人脚本家が自ら小説化。駄目だが人間臭い魅力で衆人を惹きつける英傑像を提示した、新しいエンタテインメント小説。

おすすめコメント

【2009年 本屋大賞 第2位】 戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかで最後まで落ちなかった支城があった。武州・忍城。周囲を湖で取り囲まれた「浮き城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約2万の大軍を指揮した石田三成の水攻めにも屈せず、僅かの兵で抗戦した城代・成田長親は、領民たちに木偶の棒から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。城代として何ひとつふさわしい力を持たぬ、文字通りの木偶の棒であったが、外見からはおおよそ窺い知れない坂東武者としての誇りを持ち、方円の器に従う水のごとき底の知れないスケールの大きさで、人心を掌握していた。武・智・仁で統率する従来の武将とは異なる、新しい英傑像を提示したエンターテインメント小説。 カバー・イラストはオノ・ナツメ。

出版社・メーカーコメント

書店員からの絶賛の声

いや〜おもしろかった!! こりゃ大した快作だ! 読了直後なんですが、とってもいい小説を読ませてもらったなぁと悦に入っております。 初登場からどうにもつかみどころがなかったのぼう様こと長親が、ぼんやりした身の内に秘めた思わぬ激しさが見えた途端にすっかり取り付かれてしまいました。読んでいくうちに描写される領民と同じ、のぼう様に魅了されると言いますか。 めったに自分から進んでこんな風にバリバリの戦国武将が登場する時代小説は読まないんですが、こんな小説ばっかりだったら時代小説をもっと読むようにしようと思いました。いや〜本当に良かった! (三省堂書店 京都駅店 中澤めぐみ氏)    /    これほどに爽快で痛快な時代小説はないと思いました。 『北条家の支城はいつく残ったのだ』 『この城だけだ、落ちなかったのは』 この遣り取りに何度も涙しました。 そして板東武者の男ぶりがきちんと描写されています。読んでいくうちに板東武者の祖である平将門の戦一つ一つが思い起こされ、「寡兵で大軍を破る」あぁ、これが板東の男だったと思わずにはいられませんでした。 「のぼうの城」 私の中で一番好きな時代小説になりました。 (紀伊國屋書店 京橋店 玖津見氏)

著者紹介

和田 竜 (ワダ リョウ)  
69年12月、大阪府生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。03年に、本作と同内容の「忍ぶの城」で、脚本界の大きな新人賞である「第29回城戸賞」を受賞。小説は、『のぼうの城』がデビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)