• 本

屍者の帝国

河出文庫 え7−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-309-41325-9
4-309-41325-0
税込価格 842円
頁数・縦 525P 15cm

商品内容

要旨

屍者復活の技術が全欧に普及した十九世紀末、医学生ワトソンは大英帝国の諜報員となり、アフガニスタンに潜入。その奥地で彼を待ち受けていた屍者の国の王カラマーゾフより渾身の依頼を受け、「ヴィクターの手記」と最初の屍者ザ・ワンを追い求めて世界を駆ける―伊藤計劃の未完の絶筆を円城塔が完成させた奇蹟の超大作。

著者紹介

伊藤 計劃 (イトウ ケイカク)  
1974年、東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。09年没。享年34。『ハーモニー』で日本SF大賞、星雲賞日本長編部門、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞
円城 塔 (エンジョウ トウ)  
1972年、札幌市生まれ。東京大学大学院修了。2007年、『オブ・ザ・ベースボール』で文學界新人賞を受賞しデビュー。『道化師の蝶』で芥川賞、『Self‐Reference ENGINE』でフィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。伊藤計劃との共著『屍者の帝国』で日本SF大賞特別賞、星雲賞日本長編部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)