• 本

ギリシア人の物語 1

民主政のはじまり

出版社名 新潮社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-10-309639-9
4-10-309639-X
税込価格 3,024円
頁数・縦 353P 21cm
シリーズ名 ギリシア人の物語

商品内容

要旨

『ローマ人の物語』以前の世界。ギリシアに誕生した民主政の実像とは何か。なぜ機能したのか。少数兵力で巨大ペルシア帝国を破った民主主義の力とは。新シリーズ全3巻、鮮烈な第一作。

目次

第1章 ギリシア人て、誰?(オリンピック
神々の世界 ほか)
第2章 それぞれの国づくり(スパルタ―リクルゴス「憲法」
アテネ―ソロンの改革 ほか)
第3章 侵略者ペルシアに抗して(ペルシア帝国
第一次ペルシア戦役 ほか)
第4章 ペルシア戦役以降(アテネ・ピレウス一体化
スパルタの若き将軍 ほか)

おすすめコメント

あのローマ人の偉大なる先人たちを描く、鮮烈な新シリーズの幕開け! 古代ギリシアの民主政はいかにして生れたのか。そしていかに有効活用され、機能したのか。その背後には少ない兵力で強大なペルシア帝国と戦わねばならない、苛酷きわまる戦争があった――。累計2000万部突破のベストセラー『ローマ人の物語』の塩野七生が、それ以前の世界を描く驚異の三部作第一弾!

著者紹介

塩野 七生 (シオノ ナナミ)  
1937年7月7日、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、63年から68年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。68年に執筆活動を開始し、初めての書下ろし長篇『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。82年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。83年、菊池寛賞。93年、『ローマ人の物語1』により新潮学芸賞。99年、司馬遼太郎賞。02年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。07年、文化功労者に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)