雪国
改版
角川文庫 か1−2
川端康成/〔著〕
角川書店
398円
入荷時にメールでご案内

 

 

商品情報
出版年月:
2013年6月
ISBNコード:
978-4-04-100846-1 (4-04-100846-8)
頁数・縦:
208P 15cm
商品の内容

[要旨]

無為徒食の男、島村は、駒子に会うために雪国の温泉場を再訪した。駒子はいいなずけと噂される好きでもない男の療養費のために芸者をしている。初夏の一夜以来、久々に会えた島村に駒子は一途な情熱を注ぐが、島村にとって駒子はあくまで芸者。島村は雪国への汽車で会った女、葉子にも興味を抱いていて…。「無為の孤独」を非情に守る男と、男に思いを寄せる女の純情。人生の悲哀を描いた著者中期の代表作。

出版社・メーカーからのコメント

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。「無為の孤独」を非情に守る青年・島村と、雪国の芸者・駒子の純情。魂が触れあう様を具に描き、人生の哀しさ美しさをうたったノーベル文学賞作家の名作。

著者紹介

川端 康成 (カワバタ ヤスナリ)  

大阪の開業医の長男として生まれたが、肉親と相次いで死別し、天涯孤独の少年期を送った。大正13(1914)年、東大国文科卒業。在学中より新進作家として注目されていた。日本の美と、女性の優しさを深く描出した「雪国」は海外でも評価が高い。昭和43(1968)年、日本人初のノーベル文学賞受賞。その4年後、72歳でガス自殺をとげた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

  • 白銀(しろがね)の墟 玄(くろ)の月 第3巻

  • 白銀(しろがね)の墟 玄(くろ)の月 第2巻

  • 白銀(しろがね)の墟 玄(くろ)の月 第1巻

  • 羅生門・鼻・芋粥 新装版

  • 人間失格

  • こゝろ

  • それから

  • 三四郎

  • くびれ母ちゃんの出せるカラダ

  • リアデイルの大地にて 4

  • キングダム 57

  • 白銀(しろがね)の墟 玄(くろ)の月 第4巻

  • キングダム 56

  • リアデイルの大地にて 3

商品の返品について