高倉健 「終」の美学

高倉健の身終い

谷充代/著

なぜ健さんは黙して逝ったのか。白洲次郎の「葬式無用 戒名不用」、江利チエミとの死別、酒井大阿闍梨の「契り」…。高倉健を最後の撮影現場まで追い続け、ゆかりの人を訪ね歩いた編集者が見た「終」の美学。

現代に相応しい教養のあり方

国家と教養

藤原正彦/著

270万部の大ベストセラー「国家の品格」の著者が放つ、画期的教養論。教養の歴史を概観し、その効用と限界を明らかにしつつ、数学者らしい独創的な視点で「現代に相応しい教養」のあり方を提言する。

新刊ピックアップ

もっとみる

話題の文芸書

熱帯

森見登美彦/著

どうしても読み終えられない本がある。その名も「熱帯」。結末を求めてメンバーが集結し、世紀の謎に挑む。

すぐ死ぬんだから

内館牧子/著

78歳の忍ハナは、年を取ることを退化だと考え、美しさや若さを保つ努力を怠らない。「終わった人」の著者が放つ新「終活」小説!

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。

白田/著

未解決のまま時効を迎えた「府中三億円事件」から50年目を迎える今年「小説家になろう」に投稿された小説が、書籍で登場。

ランキング 117日更新

もっと見る

  1. 1 蜘蛛ですが、なにか? 10 馬場翁/著
  2. 2 府中三億円事件を計画・実行したのは私です。 白田/著
  3. 3 本と鍵の季節 米澤穂信/著
  4. 4 なんとめでたいご臨終 小笠原文雄/著
  5. 5 すぐ死ぬんだから 内館牧子/著
  6. 6 つくもがみ笑います 畠中恵/著
  7. 7 マーガレット・ミッチェル 風と共に去りぬ ス… 鴻巣友季子/著 日本放送協会/編集 NHK出…
  8. 8 沈黙のパレード 東野圭吾/著
  9. 9 いい女、ふだんブッ散らかしており 阿川佐和子/著
  10. 10 平成くん、さようなら 古市憲寿/著
  1. 1 マスカレード・ホテル 東野圭吾/著
  2. 2 動揺 文庫書下ろし/長編時代小説 聡四郎巡検… 上田秀人/著
  3. 3 十二人の死にたい子どもたち 冲方丁/著
  4. 4 京都寺町三条のホームズ 11 望月麻衣/著
  5. 5 マスカレード・ホテル5 佐伯泰英/著
  6. 6 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだ… 大森藤ノ/著
  7. 7 マスカレード・イブ 東野圭吾/著
  8. 8 カササギ殺人事件 上 アンソニー・ホロヴィッツ/著 山田蘭/訳
  9. 9 エロマンガ先生 11 伏見つかさ/〔著〕
  10. 10 コンビニ人間 村田沙耶香/著

本のおすすめ予約商品

もっとみる

本のソムリエ

もっと見る

  • マイブックシェルフ・ヤマナ(岡山県)

  • 金喜書店(秋田県)

  • 明文堂書店金沢野々市店(石川県)

ロングセラー多数!! メールニュースで紹介した本

待望の「文庫化」から「書き下ろし」まで、人気の文庫本