• 本

菜〜ふたたび〜 2

出版社名 講談社
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-06-364734-1
4-06-364734-X
税込価格 1,851円
頁数・縦 〔94P〕 26cm
シリーズ名 菜〜ふたたび〜

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

おすすめコメント

離れても、互いを想う家族の心は――色褪せない。 雑誌では読めないオールカラー。 日本の四季の中でゆっくり育まれる、家族の愛の確かな形。 ●耕平が単身赴任を決めた夜、菜の笑顔に一筋の春の雨。――(第12話「ジェントル・レイン」) ●満開の桜に見送られ、耕平は京都に。見送る菜の頬には桜の花びら。――(第15話「さくらとのどぼとけ」) ●耕平の京都での下宿先。なにやら元気な家主、スミレばあさん登場。――(第16話「スミレの花咲く頃」) ●窓の外には、毎朝耕平に手を振る謎の美女。ドキドキは若さのサプリメント。――(第18話「謎の美女」) ●菜が送ってくれた浴衣。夏祭りの夜、離れたふたりは並んで同じ星を見る。――(第20話「星のかけ橋」) ●耕平のいない夏休み。ケンパの股の間からかりんがのぞいた夜空に花火と……――(「第22話「かりんの夏休み」)

出版社・メーカーコメント

『菜  ふたたび 』は富田耕平・菜夫婦を主人公に、四季に彩られた日本の美しい風物をちりばめながら、家族の折々の情景を鮮やかに描き出す物語。これは彼らの歳時記であり、もしくは妻時記、そして菜時記である。大勢の家族に恵まれた耕平と、早くに両親を亡くした孤独な菜。これは、対照的なふたりが夫婦として暮らす穏やかな時間と、ふたりの間に生まれた待望の新しい家族、かりんを囲む優しい思いの物語である。