• 本

藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 1

ミノタウロスの皿

藤子・F・不二雄SF短編PERFECT1

出版社名 小学館
出版年月 2000年8月
ISBNコード 978-4-09-176201-6
4-09-176201-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 352P 22cm

出版社・メーカーコメント

▼第1話/スーパーさん▼第2話/ミノタウルスの皿▼第3話/ぼくのロボット▼第4話/カイケツ小池さん▼第5話/ボノム=底ぬけさん=▼第6話/ドジ田ドジ郎の幸運▼第7話/じじぬき▼第8話/ヒョロヒョロ▼第9話/自分会議▼第10話/わが子・スーパーマン▼第11話/気楽に殺ろうよ▼第12話/アチタが見える▼第13話/換身▼第14話/劇画・オバQ▼第15話/イヤなイヤなイヤな奴●登場人物/スーパーさん(とある町のスーパーマーケットのむすめ。突然、スーパーマンになってしまう)(第1話)、オレ(故障した宇宙船の乗組員。地球型の惑星に不時着する)。ミノア(“本年度ミノタウロスの皿”の栄誉に輝く少女)。(第2話)●あらすじ/ある日突然、ある町のスーパーマーケットのむすめが、スーパーマンになってしまった。「女の子のくせに、えらいものになってくれたね」と嘆く両親だったが、町内会長がやって来て、「スーパーマンの店と大はやりになるだろう」と言ったことから、両親は大喜び。「がんばってスーパーマンをやりなさい」と言われるものの、むすめは何をしたらいいのかわからず……(第1話)。▼乗っていた惑星間航行ロケットが故障し、生き残ったのはオレ1人。水、食料ともに底をついたが、救助艇がくるのは23日後だという。やっとの思いで不時着した地球型の惑星。そこには低い段階ながらも文明があり、ミノアというかわい子ちゃんとも出会うことができた。ところが、その文明というのが実は……(第2話)。