• 本

目からウロコが落ちる奇跡の経済教室 基礎知識編

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-584-13895-3
4-584-13895-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 332P 19cm

商品内容

要旨

平成の過ちを繰り返さないために!知っていますか?税金のこと、お金のこと。経済常識が180度変わる衝撃!

目次

第1部 経済の基礎知識をマスターしよう(日本経済が成長しなくなった単純な理由
デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ
経済政策をビジネス・センスで語るな
仮想通貨とは、何なのか
お金について正しく理解する
金融と財政をめぐる勘違い
税金は、何のためにある?
日本の財政委破綻シナリオ
日本の財政再建シナリオ)
第2部 経済学者たちはなぜ間違うのか?(オオカミ少年を自称する経済学者
自分の理論を自分で否定した経済学者
変節を繰り返す経済学者
間違いを直せない経済学者
よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者
主流派経済学は、宗教である)

おすすめコメント

ポスト平成の新常識を全国民が知ったら日本の歴史が必ず変わる、という著者の自信にあふれた主張を一冊に。これまでのニュースの見方や常識論を覆す内容です。「消費増税で起こる本当に恐ろしいこと」から、日本企業の働き方からサラリーマンの生き方までをどのように変わっていくのかを予測する。この書は【基礎知識編】とし、第2弾(7月参院選前に発売予定)の『全国民が知ったら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】』へと続きます。

著者紹介

中野 剛志 (ナカノ タケシ)  
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治思想。96年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。01年に同大学院にて優等修士号、05年に博士号を取得。論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)