• 本

黒い季節

角川文庫 う20−5

出版社名 角川書店
出版年月 2010年8月
ISBNコード 978-4-04-472910-3
4-04-472910-7
税込価格 734円
頁数・縦 393P 15cm

商品内容

要旨

身のうちに病を飼い、未来を望まぬヤクザ「藤堂」、記憶を喪い、未来の鍵となる美少年「穂」、未来を手にせんとする男「沖」、沖と宿命で結ばれた異能の女「蛭雪」、未来を望まずにはいられぬ少年「誠」、誠と偶然で結ばれた異能の女「戊」―縁は結ばれ、賽は投げられた。世界は、未来は変わるのか?本屋大賞作家、冲方丁が若き日の情熱と才能をフル投入した、いまだかつてない異形のエンタテインメント。

おすすめコメント

本屋大賞作家、衝撃のデビュー作!! 未来を望まぬ男と、未来の鍵となる少年。縁で結ばれた二組の男女。すべての役者が揃ったとき、世界はその様相を変え始める。未来を手にするのは果たして−−魂焦がすハードボイルド・ファンタジー!!   著訳者紹介 1996年、早稲田大学在学中に『黒い季節』で角川スニーカー大賞を受賞しデビュー。以後コミック・アニメとの連動を先駆的に行いマルチな活動を続ける。2010年初の時代小説「天地明察」で第31回吉川英治文学新人賞・本屋大賞・第7回北東文芸賞を受賞。

著者紹介

冲方 丁 (ウブカタ トウ)  
1977年岐阜県生まれ。幼少時より海外生活を経験し、96年早稲田大学入学。同年本作で第1回スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。ゲーム、映像、コミック、小説とメディアを横断した執筆活動を精力的に行う。2009年、初の時代小説『天地明察』を刊行、同書は第31回吉川英治文学新人賞、2010年本屋大賞、第7回北東文芸賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)