• 本

平和の芽 語りつぐ原爆・沼田鈴子ものがたり

出版社名 講談社
出版年月 1995年7月
ISBNコード 978-4-06-207690-6
4-06-207690-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 239P 22cm

商品内容

要旨

22歳の鈴子は、花嫁になるはずだった8月に被爆し、片足をうしなった。そして、婚約者の戦死…。戦後はさまざまな差別にもあい、すさんだ日々をおくったが、おなじ場所で被爆したアオギリの木が青々と芽をふいたのを見て、立ちなおる。そして、戦後50年を経たいま、広島平和記念公園に移植されたこの木の前で、修学旅行の学生たちに原爆のおそろしさをつたえるとともに、勇気と希望をあたえている。沼田鈴子が原爆の非劇をのりこえ、勇気と希望をとりもどすまでの感動の実話。

出版社・メーカーコメント

広島の語り部が見た原爆とそれからの50年沼田鈴子氏は爆心地で被曝、片足を失う。「被曝者の障害者」と差別され、すさんだ日々を送るが、原爆の語り部となることを決意。登校拒否児なども更生させてゆく