• 本

新しいアトピー治療 誤った治療に振り回されないために

ブルーバックス B−1506

出版社名 講談社
出版年月 2006年3月
ISBNコード 978-4-06-257506-5
4-06-257506-X
税込価格 880円
頁数・縦 172P 18cm

商品内容

要旨

アトピー性皮膚炎の原因は「皮膚のバリア機能異常」と「アレルギー炎症」の二つ。「バリア機能」を修復するのは「正しいスキンケア」。「アレルギー炎症」を抑えるのは「正しく治療薬を使うこと」。間違った治療で症状を悪化させないためには、アトピー性皮膚炎を科学的に理解することが必要不可欠。皮膚科専門医がやさしく語る、アトピーの最新事情。

目次

第1章 アトピー性皮膚炎の患者数(赤い顔の理由
赤い顔が減った ほか)
第2章 アトピー性皮膚炎はどうして起きるか(二つの要因
皮膚の構造 ほか)
第3章 アトピー性皮膚炎の診断(アトピー性皮膚炎の症状
アトピー性皮膚炎の診断基準 ほか)
第4章 なぜアトピー性皮膚炎は治らないのか(アトピー性皮膚炎準備群の生活習慣
重症患者の生活習慣 ほか)
第5章 アトピー性皮膚炎の治療(治療のガイドライン
アトピー性皮膚炎の薬 ほか)
第6章 新しい治療薬の開発(アトピー治療研究のブレイクスルー
治療薬はなぜ効くのか ほか)

出版社・メーカーコメント

アトピー治療をやさしく科学的に解説新しい薬が登場し、発症と治癒の根本的なメカニズムの解明が進むなど、近年アトピー研究に大きな進展があった。治療を受けるために必要な知識が身につく。

著者紹介

西岡 清 (ニシオカ キヨシ)  
横浜市立みなと赤十字病院院長。医学博士。東京医科歯科大学名誉教授。1939年生まれ。大阪大学医学部卒、同大学大学院修了。ロンドン大学皮膚病研究所へ留学後、関西医科大学講師、大阪大学医学部講師、北里大学医学部助教授、東京医科歯科大学教授を経て、2005年より現職。専門は皮膚免疫、アレルギー。皮膚科専門医の立場から、アトピー性皮膚炎の正しい理解に向けて啓発活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)