• 本

認知行動療法のすべてがわかる本 イラスト版

健康ライブラリー

出版社名 講談社
出版年月 2010年5月
ISBNコード 978-4-06-259444-8
4-06-259444-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 98P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

認知行動療法の丸わかり決定版!うつ病、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、PTSD…。病気別に治療のポイントを完全図解!考え方・治療の流れ・受診の仕方を徹底解説。

目次

1 共感的で、効果的な治療法(認知行動療法とは 従来の精神療法、精神分析との違い
認知行動療法とは 認知療法と行動療法はコインの裏表 ほか)
2 話す、書くなど形式はいろいろ(本やパソコンを使う、セルフ・ヘルプ式
治療者の助言や講義を聞くアシスト形式 ほか)
3 患者さんと治療者の共同作業(ひと目でわかる 個人認知行動療法の一回の流れ
治療の流れ まず、なにがつらいか話してみる ほか)
4 主なターゲットはうつと不安(病気別の対応 病態にあわせて、技法が変わる
うつ病 三つの否定や完璧主義などに対処する ほか)
5 治療はどこで受けられるのか(医療機関 治療は精神科やメンタルクリニックで
医療機関 医療機関を探すときの注意点 ほか)

出版社
商品紹介

認知行動療法を求める人が増えている。基本理念から治療の実際までを解説。全貌がつかめる1冊。

出版社・メーカーコメント

うつ病で注目される治療法を完全徹底図解!認知行動療法を求める人が増えている。難しいと思われがちだが、治療者との共同作業で効果は高い。本書は基本理念から治療の実際までを解説。全貌がつかめる一冊

著者紹介

清水 栄司 (シミズ エイジ)  
1965年、山梨県生まれ。千葉大学大学院医学研究院教授、精神科医。90年、千葉大学医学部卒業。プリンストン大学留学、千葉大学医学部附属病院精神神経科などをへて、現職。専門は認知行動生理学、認知行動療法など。千葉大学にて認知行動療法士トレーニングコースを主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)