• 本

警視庁情報官ブラックドナー

講談社文庫 は92−5

出版社名 講談社
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-06-277397-3
4-06-277397-X
税込価格 778円
頁数・縦 379P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 今回のテーマは臓器売買

    シリーズ第4弾。国内だけでなくフィリピン、中国そしてアメリカと情報戦が拡がっていき畳み掛けるように一気に収束する。近隣の国々や日本の政治家に対する黒田の考え・発言は著者の思いだろうか?過激で極端ではあるが私も概ね同意見です。抜群のリーダリビティで、ページを捲る手を一瞬でも止めるのすら憚られる。一気読みが出来るくらい時間に余裕があるときに読むことをおススメします。最高のインテリジェンス小説。今回も文庫書き下ろしです。

    (2012年10月28日)

商品内容

要旨

旅行先のハワイで偶然、極盛会組長の宝田を認めた黒田純一。体調不良と噂されていた宝田は入国が禁止されているはずのアメリカで臓器移植手術を受けていた。何かある―臓器密売ルートを暴くため黒田はマニラへ飛び、部下はロスとアモイに潜る。スケールアップした捜査に舌を巻く警察小説の進化形。

出版社・メーカーコメント

国境を越えた臓器売買の実態を探る情報室の黒田チーム。海外での潜入捜査、世界的な諜報機関との連携も叶った人気シリーズ第4弾!

著者紹介

濱 嘉之 (ハマ ヨシユキ)  
1957年、福岡県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業後、警視庁入庁。警備部警備第一課、公安部公安総務課、警察庁警備局警備企画課、内閣官房内閣情報調査室、再び公安部公安総務課を経て、生活安全部少年事件課に勤務。警視総監賞、警察庁警備局長賞など受賞多数。2004年、警視庁警視で辞職。衆議院議員政策担当秘書を経て、2007年『警視庁情報官』で作家デビュー。現在は、危機管理コンサルティング会社代表を務めるかたわら、TV、紙誌などでコメンテーターとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)