• 本

認知症の「真実」

講談社現代新書 2292

出版社名 講談社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-06-288292-7
4-06-288292-2
税込価格 880円
頁数・縦 266P 18cm

商品内容

要旨

“認知症”は国と医者が作り上げた虚構の病だった!認知症医療の「闇」と「希望」を描いた2014年最大の衝撃作。

目次

第1部 認知症はどういう病気なのか?(その医者が認知症患者をダメにする!
認知症の診断基準のミステリー
認知症は薬で「治る」のか?
コウノメソッドの挑戦―治療薬の適切量をコントロールする)
第2部 こんなに違う認知症タイプ別分類(レビー小体型認知症(専門医ですら知らない治療法
当事者の口から語られたレビー小体型認知症)
脳血管性認知症―高次脳機能障害とのあまりに微妙な線引き
ピック病などの若年認知症)
第3部 認知症にどう向き合うか(認知症介護で潰れないために―家族会からのアドバイス
薬に頼らない認知症介護―「諏訪の苑」の取り組み
認知症の人は病人ではなく「普通の人」)

著者紹介

東田 勉 (ヒガシダ ツトム)  
1952年生まれ。國學院大学文学部国語学科卒業。コピーライターとして制作会社数社に勤務後、フリーライターとなる。2005年7月から2007年9月まで、主婦の友社から刊行された介護雑誌「ほっとくる」の編集を担当。同誌休刊後、フリーのライター兼編集者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)