• 本

マンガでわかる源氏物語

出版社名 池田書店
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-262-15408-4
4-262-15408-4
税込価格 1,296円
頁数・縦 271P 21cm

商品内容

要旨

色好みの貴公子か、天下を狙う野心家か、光源氏の正体に迫る…。艶やかな恋物語にして壮大な歴史フィクション「源氏物語」を読み解く。

目次

紫式部物語
本編 第1部(奔放な青春時代
絶望の浪人時代
政権奪取の闘争時代
平安朝の少女小説 玉鬘十帖
栄華と幸福をきわめた時代)
第2部 不信と不幸の凋落時代
第3部(光源氏没後の世界
あやにくな恋物語 宇治十帖)

おすすめコメント

「世界最古の長編小説、源氏物語を読み解く!」古典の名作、源氏物語といえば、「光源氏と姫君との恋愛物語」というのが一般的なイメージでしょうか。たしかに、愛に生き、苦悩する光源氏と彼を想う女性たちとの愛憎劇は千年もの間、変わらずに読まれてきました。でも、源氏物語はただの恋愛小説ではありません。光源氏が政権を握り、滅び行くまでを描いた歴史フィクションでもありますし、物語の終盤は、すれ違う恋を描くことで人間の生き辛さや業を浮き彫りにした心理小説でもあるのです。本書は、源氏物語の魅力を体感できるよう、あらすじをマンガで捉えられるようにしました。また、当時の歴史、文化的背景や登場人物の人となりや関係性、作者の意図など、物語の理解を深める要素は文章や図でじっくり解説しています。原文を読んだことがない人でも、源氏物語を深く読み解ける本です。

著者紹介

砂崎 良 (サザキ リョウ)  
東京大学文学部卒業。古典文学に現れる7〜15世紀の香料文化史、交易史を研究。詩人であり、『源氏物語論』などでも知られる藤井貞和氏に師事。現在は教育・文化系のライター
上原 作和 (ウエハラ サクカズ)  
日本文学研究者。明星大学人文学部常勤教授。物語研究・文献史学・日本琴楽史を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)