• 本

がん患者力 日本のがん医療のこれが現実!患者が身を守る29の知恵

出版社名 主婦と生活社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-391-14292-1
4-391-14292-9
税込価格 1,404円
頁数・縦 238P 20cm

商品内容

要旨

この国のがん医療は救える命を救っているのか?多くの欠陥や矛盾をはらむ日本のがん医療。その現実を知っていることが、がんを生き抜く力になります。本書は「ドキュメンタリーの手法を借りた医学実用書」です。全国取材と2500人アンケートで浮かび上がった患者・家族の真の姿。

目次

第1章 「病院選び」「医師選び」の理想の現実(「がん」と言われて、まずやるべきこと
「標準治療」を知らぬは危険! ほか)
第2章 「患者力」とは経済力なのか?(毎月10万円の薬代、続けられますか?
“がんの経済難民”が大量に生まれている ほか)
第3章 置き去りにされる「小児がん」患者と家族(治療経験が少なく、本が頼りの医師
信頼できる小児がん専門医はどこ? ほか)
第4章 新薬―日本と世界の“希望格差”(日本は最新の「抗がん剤」が使えない
新薬開発を阻む「死の谷」とは? ほか)
第5章 がんに学ぶ。がんとともに生きる!(がん患者にも「将来の夢」がある
がんになったことで見えてきたもの ほか)

出版社
商品紹介

日本のがん医療−−。病院格差、専門医不在、ドラックラグ、就労差別等、患者が知っておくべき現実をレポート。