• 本

リンゴを皮ごと食べれば腸がきれいになる! 整腸作用、大腸ガン予防、生活習慣病予防に効果があるアップルペクチンに注目

出版社名 実業之日本社
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-408-33516-2
4-408-33516-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 214P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ダイエット効果だけじゃない!リンゴの食物繊維(アップルペクチン)が腸内環境を整える!善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスをとり下痢や便秘を予防。血液中のコレステロール、なかでも悪玉コレステロールを下げる。動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病を予防し、デトックス作用もある。

目次

第1章 予防医療に最適のリンゴは、できれば、皮ごと食べなさい!
第2章 いま、改めて腸と健康の関係が注目されている理由
第3章 あなたの腸を若返らせる腸管のスカベンジャーが食物繊維!
第4章 食物繊維のなかでも突出している「天然アップルペクチン」のパワー
第5章 肝臓へのガンの転移を抑えるアップルペクチンの作用
第6章 アップルペクチンの効率的な摂取法

出版社
商品紹介

皮付きリンゴに含有するアップルペクチンに熱い眼差し。その整腸作用から、いかに美肌効果、生活習慣病予防に効果があるかを解説。

著者紹介

田澤 賢次 (タザワ ケンジ)  
富山大学名誉教授(旧富山医科薬科大学)。1940年青森県生まれ。70年新潟大学大学院医学研究科修了(医学博士)。86年富山医科薬科大学医学部第2外科学助教授に。文部省在外研究員として米国・クリーブランドクリニックへ留学を経て、95年富山医科薬科大学医学部教授に就任。富山医科薬科大学評議員や富山医科薬科大学医学部看護学科長、副医学部長を歴任し、05年退官、名誉教授となる。78年より日本消化器外科学会評議員(現在、特別会員)、03年よりアーユルヴェーダ学会理事長などの要職を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)