• 本

ぐるり一周34.5キロJR山手線の謎2020

じっぴコンパクト新書 345

出版社名 実業之日本社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-408-33759-3
4-408-33759-5
税込価格 864円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

日本を、東京を代表する通勤路線の山手線は、グルグル回って90年以上。1周1時間ちょっと、長年29駅で営業してきたけれど、まもなく30駅になります。2020年の東京オリンピックを控え、東京全体が変化していく中で、新駅開業で山手線はどう変わっていくのか?そしてこの10年ほどでどう変わってきたのか?常に話題を提供してくれる山手線の路線・運転・各駅のエピソードを広く採り上げます。

目次

第1章 知れば楽しくなる山手線の大常識(山手線の定義を考えたときに見えてくること
数字でおさらいする山手線の現状
「山手線=黄緑」のルーツは103系電車 ほか)
第2章 汽笛一声の陸蒸気から山手線まで(日本最初の鉄道が明治5年に開業
「品川線」としてまず建設された山手線
山あり谷ありで難航を極めた品川線の工事 ほか)
第3章 山手線29+1駅物語(品川―ゴジラが日本に初上陸したプレート(?)が残る、山手線最古の駅
大崎―運転士が交替する、山手線の運行管理する分界駅
五反田―東急池上線を通せん坊したような線路配置 ほか)

著者紹介

松本 典久 (マツモト ノリヒサ)  
1955年、東京都生まれ。東海大学卒業。出版社勤務を経て、1982年からフリーランスの鉄道ジャーナリストとして活躍。鉄道や旅などを主なテーマとして執筆し、鉄道専門誌「鉄道ファン」などに寄稿するとともに、鉄道や鉄道模型に関する書籍、ムックの執筆や編著などを行なっている。著書や編著書、監修書は多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)