• 本

片手袋研究入門 小さな落としものから読み解く都市と人

出版社名 実業之日本社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-408-33865-1
4-408-33865-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 191P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

片方だけで現れる彼らの正体とは?発見すれば必ず撮影し、ひとつの片手袋からあらゆる妄想をふくらませる。研究に明け暮れた十数年で得た、約5000枚におよぶ膨大なデータから見えてくる世界とは―。「片手袋とは何か?」を知ろうとする人のための“研究入門書”!

目次

第1章 片手袋分類図鑑(目的で分ける
過程で分ける
状況・場所で分ける(放置型編
介入型編))
第2章 片手袋の現場(片手袋の聖地築地
道路と片手袋
拾得物としての片手袋 ほか)
第3章 創作物の中の片手袋(片手袋は悲しい
片手袋は季節を感じさせる
片手袋はおかしい ほか)
最終章(「片方」とは何だろうか?
「手袋」って何だろうか?
片手袋の定義 ほか)

著者紹介

石井 公二 (イシイ コウジ)  
1980年、東京生まれ。片手袋研究家。玉川大学文学部芸術学科卒。2013年に神戸ビエンナーレ「アートインコンテナ国際展」に入選、奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)