• 本

ちょっと待って、そのコピペ!著作権侵害の罪と罰

じっぴコンパクト

出版社名 実業之日本社
出版年月 2008年7月
ISBNコード 978-4-408-45162-6
4-408-45162-2
税込価格 838円
頁数・縦 207P 18cm

商品内容

要旨

ブログ、SNS、ホームページで使用する文章、画像、音楽のほか、社内で配布するビジネス用の資料も、ごく気軽にネット上からコピー&ペースト―。「このぐらいならやっても問題ない」何の根拠もない口コミから、著作権を日常的に侵害してしまっている状況が広がっている。元JASRAC職員が、「現場感覚」の視点で著作権の考え方と多くの事例をシンプルに解説。

目次

序章 「著作権」はどのように誕生したのか?
第1章 著作物と著作権
第2章 著作権の構造を理解しよう
第3章 どんな利用にどんな権利がはたらくの?
第4章 著作権侵害の「罪と罰」
第5章 著作権Q&Aビジネス編
第6章 著作権Q&Aインターネット編
第7章 著作権Q&Aプライベート編
附録 自由利用の範囲について

出版社
商品紹介

一般人にとっても身近な問題となった著作権や個人情報の取り扱い。難解な用語を極力排し、多くの事例を挙げてトラブル回避術を指南。

著者紹介

林 幸助 (ハヤシ コウスケ)  
1947年、新潟県生まれ。1972年明治大学卒業、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に入社。演奏権管理部門(社交場生演奏・カラオケ等、コンサート関係)の業務に合計18年間携わる。途中、外国分配資料、録音(海賊版等担当)部門を担当。1992年北陸支部長。1996年広報部課長、主幹。主にマスコミ関係者への広報を担当。「コピライト」(著作権情報センター)編集委員。東放学園音響専門学校講師。2007年9月、JASRAC退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)