• 本

蒼茫の海 4

Joy novels simulation 流浪の連合艦隊

出版社名 有楽出版社
出版年月 2004年2月
ISBNコード 978-4-408-60257-8
4-408-60257-4
税込価格 933円
頁数・縦 211P 18cm

商品内容

要旨

「敵の魚雷は、雷跡を発生させていません。どうやら…」そこまで参謀が答えた時、右舷方向から大音響が届いた。あわてて艦橋の右舷側へ走ってみると、隣にいるコーラル・シーの向こう側で、コレヒドールが巨大な水柱に呑まれる瞬間が見えた。「でかい!あれは、ふつうの魚雷じゃないぞ!!」誰かが、惚けたように叫んだ。フレッチャーは、駆逐艦の放つ60センチ長魚雷の命中シーンなら、これまで何度か自分の目で見ている。だが、コレヒドールを1発で轟沈させた水柱は、ゆうに3倍以上の高さがあった。あれほどの威力を見せるとなると、100センチを超える大型魚雷…。

著者紹介

羅門 祐人 (ラモン ユウト)  
昭和32年生まれ。福岡県出身。平成元年に、「自航惑星ガデュリン」(角川書店)にて小説デビュー。主に文明の仮想化(シム・シビライズ)をテーマとした架空戦記・架空時代小説を執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)