• 本

神話の島

ミステリ・フロンティア 34

出版社名 東京創元社
出版年月 2007年6月
ISBNコード 978-4-488-01729-3
4-488-01729-0
税込価格 2,160円
頁数・縦 365P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

高校生の布津美涼は幼い頃、新興宗教に入信した両親と引き離された。その両親の死後、涼は、自分に妹がいたことを知らされる。早速涼は両親の終焉の地であり、妹が暮らす御乃呂島へ向かうが、そこで彼を待っていたのは疫病の恐怖と連続怪死事件だった!記紀神話が濃密な影を落とす島で進行する、焦燥と戦慄の六日間。涼と奇談収集の趣味を持つ大学院生・笹礼懐が辿り着いた結末とは―。第一回ムー伝奇ノベル大賞最優秀賞受賞の新鋭が満を持して放つ大作登場。

出版社
商品紹介

自分に妹がいた…その事実を知った少年は、妹を尋ね孤島に渡るが、待っていたのは疫病の恐怖と連続殺人だった。才媛が放つ大作登場。

おすすめコメント

第1回ムー伝奇ノベル大賞最優秀賞受賞の新鋭が満を持して放つ大作登場。

著者紹介

久綱 さざれ (クツナ サザレ)  
1965年愛知県生まれ。名古屋大学文学部哲学科卒。2001年、長編『ダブル』で第一回ムー伝奇ノベル大賞最優秀賞を受賞してデビューする。綿密な描写力と力強いストーリーテリングで今後の活躍が期待される新鋭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)