• 本

鏡の迷宮、白い蝶

創元推理文庫 Mた5−5

出版社名 東京創元社
出版年月 2010年11月
ISBNコード 978-4-488-46605-3
4-488-46605-2
税込価格 799円
頁数・縦 343P 15cm

商品内容

要旨

「水島のじいちゃん」の名代で、西遠寺家の人々とともにかのこの許嫁の家の別荘へ向かうことになった修矢。招かれた別荘の隣には、万華鏡作家が住んでいた。認知症を患うその人は、所持している大きなダイヤの隠し場所をメモしていたのだが…。中学生の美波と高校生の修矢。二人がそれぞれ出あった少し切ない事件たちを描く本格ミステリ短編集。人気シリーズ、前日譚第二弾。

著者紹介

谷原 秋桜子 (タニハラ ショウコ)  
2001年、富士見ミステリー文庫より長編『激アルバイター・美波の事件簿 天使が開けた密室』を発表し、デビュー。大胆で精緻なトリックと清新な作風で注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)