• 本

すぐそこのたからもの

出版社名 文化学園文化出版局
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-579-30436-3
4-579-30436-5
税込価格 1,404円
頁数・縦 101P 21cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • じんわり、効いてきます

    著者が幼い息子との何気ない日常を、丁寧に綴ったエッセイです。「自分の子どもの話か・・」なんてナナメにみていた自分が恥ずかしいです。自分がまだ幼かったずっと昔の頃の気持ちを思い出して懐かしく、大人になってからのあれこれを思い出して切なく・・。過ぎていく毎日のすばらしさと愛おしさに気付かせてくれる素敵な一冊です。装丁もとても素敵です。

    (2014年3月31日)

商品内容

要旨

何気ない日常の中、子どもとの日々をつづったエッセイ。

目次

ゆれるところ
いいひとばかり
いつのまにか
こうもり
チビちゃんのホテル
雲の上に
すてきなタイトル
いちばんこわいこと
かわいい声で
みずからおねがい〔ほか〕

おすすめコメント

著者が一人息子との日々をつづったエッセイ。何気ない日常の中に、驚き、切なさ、温かさ、笑いがある。子どもがいる人もいない人も、子育て中の人も子育てが終わった人も、楽しめる本。

著者紹介

よしもと ばなな (ヨシモト バナナ)  
1964年、東京生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。87年、「キッチン」で海燕新人文学賞、88年、単行本『キッチン』で泉鏡花文学賞、89年、『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞。アメリカ、ヨーロッパなど海外での評価も高い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)