• 本

差別表現の法的規制 排除社会へのプレリュードとしてのヘイト・スピーチ

出版社名 法律文化社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-589-03887-6
4-589-03887-0
税込価格 5,400円
頁数・縦 259P 22cm

商品内容

要旨

本書は、社会にとって、ヘイト・スピーチの問題を取り組まざるを得なくなった・看過できなくなったきっかけとなる実際の事件を具体例として示しながら、ヘイト・スピーチに対する法的規制の是非、規制根拠並び規制態様について検討することを目的としている。

目次

第1章 名誉毀損罪と侮辱罪の間隙―人の肌の色、出自、民族等の属性に対する誹謗・中傷について
第2章 刑法における名誉保護犯の処罰範囲―ヘイト・スピーチに対する刑事規制の可能性
第3章 刑法及び民法における名誉毀損の攻撃客体について―人種差別撤廃条約の「人種差別」概念に係るヘイト・スピーチと名誉毀損
第4章 ヘイト・スピーチ規制における「明白かつ現在の危険」―刑法からの視点
第5章 ヘイト・スピーチの定義
第6章 ヘイト・スピーチとしての歴史的事実の否定と再肯定表現に対する法的規制
第7章 人種差別表現規制の法益としての人間の尊厳
第8章 人種差別表現と法の下の平等
終章 人種差別表現と個人的連関―特定(諸)個人に向けられたヘイト・スピーチについて

著者紹介

金 尚均 (キム サンギュン)  
龍谷大学法学部教授。1967年大阪生まれ。龍谷大学法学部助教授・龍谷大学法科大学院教授を経て、2017年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)