• 本

憲法改正論の焦点 平和・人権・家族を考える

出版社名 法律文化社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-589-03929-3
4-589-03929-X
税込価格 1,944円
頁数・縦 173P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人権の視点から憲法を読み直す―性急に進む改憲論を批判的に考察。

目次

第1章 立憲主義と憲法改正―憲法を読み直す(「改憲」論議の高まり―日本の立憲主義は危機にあるのか
憲法と立憲主義―国家と国民の関係
憲法制定過程の特徴―「押し付け憲法」論の真偽 ほか)
第2章 平和と人権―憲法九条から平和的生存権を考える(憲法九条の解釈と運用の変容
戦後改憲論の展開
二〇一七年解散総選挙と憲法九条自衛隊追加論の問題点 ほか)
第3章 家族と人権―憲法二四条・一三条から「個人の尊重」を考える(世界の家族規定と二四条
憲法二四条の制定と「個人の尊重」
日本における男女共同参画の現状 ほか)

著者紹介

辻村 みよ子 (ツジムラ ミヨコ)  
明治大学専門職大学院法務研究科教授、東北大学名誉教授。東京生まれ。広島大学付属高等学校・一橋大学法学部卒、同大学院博士課程単位修得後、一橋大学助手、成城大学助教授・教授、東北大学大学院法学研究科教授を経て、現職。東北大学ディスティングイッシュト・プロフェッサー、グローバルCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」拠点リーダー、日本学術会議会員、男女共同参画会議員、日本公法学会理事、全国憲法研究会代表、国際憲法学会理事・同日本支部副代表、ジェンダー法学会理事長等を歴任。専門は、憲法学・比較憲法・ジェンダー法学(法学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)